☆本ブログの内容には多分にオタク的な要素が含まれますのでご理解のある方のみご覧下さい。☆
×諸注意×
このブログには映画・アニメ・漫画などの感想も掲載されています。そのため、いわゆるネタバレ(原作・本編の内容と関連のある内容の掲載)がある場合もあります。最新刊(号)や、最新の放送をご存じない方はご注意下さい。また、碧海の書いた文章や絵、撮影した写真等を無許可で転載、二次配布、複製することはお断りしています。

2015年10月18日

ああ、東京。

東京に転居してはや10ヶ月。
事の発端は、減収だった。

唐突にボーナスカットが決まり(といっても9割分くらいは月給に振り分けるってことだったのだけれど、それにしたって減る訳で、にもかかわらずボーナスを月給に分割した結果月給増になり市県民税は負担増)、仕事探さなきゃなって思ったら、地元にはまともな事務職の求人が皆無だった。

親からの遺産が望めるわけでなし、自分で稼いだ分で生きていく一生だとしたら、ここじゃ無理だわってわかった。

どうせ多少の英語が出来るんだし、やるなら貿易事務だよねってことで、仕事辞めて都内で仕事を探し、転居。

最初は大手商社で派遣。
時給はそこそこだけど、残業少ないし、限られた範囲の仕事だから経験も積めそうにない。

で、思い切って転職。
貿易実務検定C級も取れたし。

で、現職。
中国向けの輸出。
エアーもシーもバンバンやってるし、仕事量半端ないけど、すっごい勢いで経験積んでる。

忙し過ぎて一緒に上京してくれた巽と馬ノ介には寂しい思いさせてるけど、でも、わし、頑張るよ。

ああ、東京。大東京。
でも、住むなら田舎だなぁ。

posted by まぐ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

love is not enough.

昨日、父親と激しく口論になって、わたしも大概、云いすぎたんだけども、その時に気づいた。ああ、私、この人のこといらないんだって。

今年、父親はリタイアして、以来、金がないばかり云ってる。私に毎月小遣いを3万円くれとか、金もないなら病院に行かれない(別に大した病気でもなく、医者に行きたいだけの老人病)とか、飯も食えないとか、そんなことばかり云ってる。
他にも、問題行動はたくさんあって、車を使ってもガソリンを入れないし、洗濯を干せばシワだらけ、やたらと早い時間に風呂を入れて入りもしないし、暇人のくせに相変わらずメシマダ。母も私もフルタイムで働いて、遅い日だってあるのに、迷惑なMr.クレクレ君。
よほど気に入らないと殴るポーズをして威嚇するけど、本当に殴る根性はなく、脅すだけ。自分の方が強いと見せかけたいだけの虚しいポーズ。

そういう薄っぺらさって、別に今に始まった事じゃなくて、リタイアする前から何か気に入らなければ「稼いでいるんだぞ!」が常套句。
でも、まあ、世間の勤め人ほどには稼いでいないのだけれど…。退職金のない仕事だったし、何より稼ぎを増やす努力をしなかったのが痛い。バブルの時期には稼いだみたいなことを度々云うんだけど、それって、つまり、景気がいいからそのお零れに預かっただけで彼の能力ではないってこと。むしろ、その時に努力しなかったから貧乏になった訳で。なのに、自分の無能を晒しているとも気づかず、過去に稼いだ事をさも偉そうに云う。

だから、リタイアする前から、正直、死んでくれていいって思ってた。
…去年、親御さんを亡くした友達もいて、簡単にそんな事云ってはいけないよな、とも思うんだけど…死んでくれていい、んだよね…。

で、昨日、口論になった時に、父親が「稼がなくなったらいらないってことか」とかそんな事を口走ったのだけれど、稼ぐことが偉いという価値観で生きていると稼がなくなった時にそうなるのかと愕然とした。同時に、哀れに思えたし、勘違いジジイ死ねとも思った。

稼いでも稼がなくても、家族に愛される生き方はちゃんとある、と、私は思う。

生活する上で love is not enough (愛だけでは十分でない)なのは十分承知してるけど、でも、 love is not enough 、愛は最低条件でもあるのよ。

あの人は父親としてきちんと子供と向き合って話したり、考えたりしてこなかった。
子供が育つ上で必要な労働、送り迎えとか学校の行事とか、そういうこともしてこなかったし、気に入らなければ暴力で脅しもした。

あの人の生き方は、愛すらも足りてなかった。

あの人は稼いでいれば必要とされると思っていたけれど、実は稼いでいた時だって必要となんてされてなかった。

Love is not enough.

愛だけでは足りないけれど、愛があればこそ。

私は、自分のために生きて、そして誰かのためにも生きられる人になりたい。
posted by まぐ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | *miscellanies* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

WDW旅行記 まとめ1

個人手配でディズニー・ワールドに行ったというと驚かれるのですが、個人手配だと滞在日数やホテルの指定、チケットの種類・日数の調整など自由がききます。恐らく、オフシーズンでない限りは個人手配の方が安上がりでは?まぁ、オフシーズンのHISにはかないませんけども。

そこで、次回のためにも今回の個人手配の色々をまとめておこうかと思います。備忘録的なヤツです、ハイ。

旅行期間
2013年4月27日午前成田発〜5月5日午後成田着

現地滞在期間
2013年4月27日午後3時〜5月4日早朝

航空券手配
ANA公式サイト

経由地
往路:シカゴ オヘア空港
復路:サンフランシスコ空港
シカゴ空港は大きいので、経由地が選べるならば避けた方がいいかも。私はいつも乗り継ぎがシカゴだから問題ないけども、なれない人、英語が苦手な人などは空港の大きさに焦るかも。

WDWホテル・チケット手配
ミッキーネット(WDWオフィシャルサイトよりも安価だった為)

宿泊先
オールスター・ムービーリゾート(プリファードルーム指定)

チケット
パークホッパー+ウォーターパークファンモア(6日分)

その他
ケネディ・スペース・センターはミヤーズのバスを利用(水曜日・金曜日のみ運行$35-各ホテルでピックアップ。午前8時出発、午後7時帰着。タクシー利用だど片道$130〜180くらい)
フロリダモールへはバスを乗り継いで移動。1DAYパスは$2.45-。券売機はお釣りが出ないので要注意。

うーんと、そんなところかな?
posted by まぐ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | *WDW旅行記2013* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

WDW旅行記 23

成田に着いてしまった…。
早かったわぁ…。

でも、正味6日半も遊んだので、十分遊べたっていう充実感はある!本当はあと1日くらい余裕が欲しかったけど…。プール…。

私、別にディズニーマニアじゃないけど、一緒に行った友達はディズニー大好き親子なのですが…、とても楽しかった!
もうね、日本のパークはいいやって感じ。だって、混んでるんだもん。どんなにスターツアーズが好きでも約1時間の間に3回連続で乗るなんて無理でしょう?まぁ、3回連続は酔うからもうやめようと思ったけど(笑)。

家族でバケーション、どこがオススメ?って訊かれたら、確実にオーランドのディズニーワールドって答える。特に小学生から中学生くらいの子供がいる家族のバケーションなら、鉄板!
それくらい、良かった!

あ〜、また行きたいなぁ。

さて、復路ですが、サンフランシスコ経由でした。

image-20130505164723.png
↑やっぱり、西海岸の景色の方が落ち着く…。この景色見てほっとしたよ…。

サンフランシスコの空港はシカゴよりコンパクトて移動が楽!
新しくなったのもあって、フロアの移動もわかりやすいし、お手洗いも各所にあり乗り換えが選べるならサンフランシスコ空港はおすすめ。
しかも建物内のパブリックアートが素敵。ショップの品揃えもやっぱりオーランドよりも洗練されてるなぁって印象。
コーヒーもね、サンフランシスコ空港のカフェのコーヒーはちゃんと味のするコーヒーでしたよ。
オーランドのコーヒーはコーヒー風味のお湯でしたから(笑)。特に、ホテルのフードコートのコーヒーはひどかった!!

成田からは京成スカイライナー♪
指定席の料金がかかりますが、早いし楽!
初めて乗ったのですが、座席が外国人もオッケーな仕様で私には大き過ぎ。日本に帰って来たのに変だなぁ。

さて、もうすぐ東京駅。
お蕎麦でも食べようかな。

あ、大丸に寄ろう!
posted by まぐ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | *WDW旅行記2013* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WDW旅行記 22

最終日はケネディスペースセンターから戻って、ブリザードビーチに行って、ハリウッドスタジオに行って、ダウンタウンディズニーに行って、ホテルのプールで泳いで、洗濯をして、お風呂に入って、ディズニーエクスプレスに乗って、オーランド空港なう。

タイフーンラグーンとブリザードビーチ、両方に行ったわけなのですが、甲乙付け難いかなぁ。
ブリザードビーチの方が新しいようなので、設備はきれいだし、ウォータースライダーの完成度も高いと思います。
でも、タイフーンラグーンの大波が凄く楽しかった!
ブリザードビーチの方は風波みたいな不定期な波が幾つもくる感じで、荒れがちな海で毎年泳いでいる私には目新しくなかったんですよね…。うん、これ位はあるわってかんじで。
一方、タイフーンラグーンはバカみたいな大波が来るし、背の立たない深さがすぐそこにあるし、泳ぐ楽しみは大きかった!背が立たないっていうだけでかなりのスリルなのね。ちょっと本当の海みたい。

結局、結論としては、どっちも楽しい!
日本のプールみたいに、人にまみれてないのが一番良かった!
次回はプールで一日過ごす日を設けます。ええ。もっと泳ぎたかったよー。

ハリウッドスタジオは、スターツアーズを3回連続で乗って、多少気持ち悪くなりました…。
でも、暫く散歩をして、もっかい乗りました(笑)。
どうやらパターンは54通りだそうなので、計算したらすべての要素は見られたようです。
マイベストは、
オープニング:荷崩れ
前半:砂漠
通信:レイヤ姫
後半:デススター
かなぁ。まぁ、この組み合わせで出たこと、ないのですが(笑)。
でも、うーん、確かに計算上は、54パターンになったのですが、通信に出てくる人物にルークがいないとか、宇宙空間で戦闘がメインのがないとか、何と無く納得いかない感じも残るんですよね。出現率が異常に低いものが存在したりして?

最後に折角なのでスターツアーズの外と中の写真を撮りました。↓

image-20130505162540.png

image-20130505162609.png

image-20130505162631.png

さて、帰ります!
posted by まぐ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | *WDW旅行記2013* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。