☆本ブログの内容には多分にオタク的な要素が含まれますのでご理解のある方のみご覧下さい。☆
×諸注意×
このブログには映画・アニメ・漫画などの感想も掲載されています。そのため、いわゆるネタバレ(原作・本編の内容と関連のある内容の掲載)がある場合もあります。最新刊(号)や、最新の放送をご存じない方はご注意下さい。また、碧海の書いた文章や絵、撮影した写真等を無許可で転載、二次配布、複製することはお断りしています。

2008年06月30日

ゆうちょ銀行で待機中

振り込みの手続きを待ってます。一応、社用だったりするのですが、銀行回りって待ち時間が多くてつまんないです。こうして携帯をポチポチする他に何もすることなし。できるなら読書とかしたいのですが、さすがにそれはねぇf^_^;

お昼ご飯食べたいなぁ。家に帰ってテレビ見たいなぁ。もう退屈だぁよ。

待ってるのが仕事なんて、つまんなーい(-_-#)
posted by まぐ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロスF 11話 12話 ※ネタバレあります※

 一挙に2話分、書こうかと思います。

 背後では「LOVELESS」がキッズステで放送中です。ふぁぁぁ(欠伸)。初めて見るので、さっぱり意味がわかりませんが、あの、大きい眼鏡の人が気持ち悪いです。ストーカー的で。
 そして、放送が終わると「サンマリエ」(結婚相談所)のコマーシャルです…。あたしゃ、近頃「サンマリエ」のシステムに詳しいゼ。なにせ、毎晩番組の合間、合間にCMが入るんですもん(笑)。なんっていうか、こういう時間にアニメを見る人ってのはカモなんですね、結婚相談所にとっては。


 ああ、マクロスであった。

 11話「ミッシング・バースデー」
 このアニメはアルト姫が運命とか血とか、そういうモノに逆らって行く話なのだと思い至りました。
 私には大した運命も血もないけども、ムダな反骨精神というか「人がこうと云ったのとは逆に行ってやろう」的な気分があるので、姫が空を飛ぶことに憧れて、それを叶えるために運命にも血にも逆らうのは嬉しいです。「やったれ!姫!!」みたいな気分(笑)。

 でも、姫は役者をやっても「いい役者」になりそうで、そういう意味では父親と袂を分かってしまったことはもったいないかもしれないなぁ…。反抗の末、役者にたどり着いても、それはそれでいいかな(笑)。って、結局「なんにせよアルト姫が好き」なだけじゃん、自分!!

 アルト姫の兄弟子は、つまらないウソをついたようですが、彼にとっては姫は越えなくちゃいけない壁だし、ある意味においては姫がもどることで彼は言い訳が立つわけじゃないですか「役者の血脈にはかなわない」って。しかし、坂東玉三郎だって芸養子なワケでさぁ、そりゃいかんよ、と思う。自分の力で頑張りましょう。そういえば、アルト姫って玉三郎がモデル…な、ワケないか。

 さて、結局空を飛ぶ誘惑に負けた姫。返す返す、シェリルはやることが周到だ(笑)。姫が大気を飛びたいと思っていると知っての所行ですからね。さすが、シェリル様。でも、体調不良のご様子。仕事と学校で、さすがの歌姫もお疲れでしょうか。

 「このままやられっぱなしじゃ立つ瀬無いぜ」な、ランカちゃんはどうするのかな。先週は奮起して(俳優さんのスタントをやった)アルト姫と濃厚接吻をかましましたが、今週は普通に凹んでます。そりゃ、あれはお仕事だもんね。さらに、ばっちりアイドル生活で、アルト姫は大気の誘惑に負けてシェリル様に同行。11話のランカちゃんは良いとこナシでしたが、12話では…?!がんばれ〜、ランカちゃーん。


 それでは12話「ファステスト・デリバリー」。私はランカちゃんが初ライブに間に合うのか気が気ではありません。お話の展開よりソレが気になるんですよ(笑)。なにせ、私も次の日曜日にはドームでもにょもにょでして。アハハ。

 シェリルのステージとは全然ちがう、キラキラのステージを披露してくれたランカちゃん。なんか、画面にリアルに星がキラキラしてたような気がしますが、あれは気のせいだった?なんか、ニコニコの職人さん達がいたような、いないような(笑)。

 それにしても、あの、ゼントラーディの軍人さんってオカシくないかい?ランカちゃんのキラキラステージに魅了されるならまだしも、目がハート形になるって!!いやぁ、驚いたよう。私が知らないだけで、ゼントラーディ人ってそんなんなのが普通なの?

 そして、もう一点。ルカ君の実家ってそんなスゴイ所だったんでしたっけ?今回の「ファステスト・デリバリー」を可能にした、ホールド断層を越えちゃうメカの出所がルカ君の実家なのですが、ミシェル君の口ぶりからして相当な会社なんですねぇ。思い返せば以前もそんな会話があったような気がしますが、ルカ君を紹介する話がなかったので、理解してなかったです(笑)。ごめん、ルカ君。

 さて、そのルカ君はナナセちゃんが好きなのかなぁ?ナナセちゃんはランカちゃんを寝国家話猪狩(猫っ可愛がりの誤変換)してて、時々ミシェル君のタラシな言動に赤くなってますが、ルカ君はスルーの様子。彼って損な役回りが多いよなぁ。

 ミシェル君の配慮というか親切というかで、帰りはアルト姫と二人で遊覧飛行となったランカちゃんですが、突然アルト姫のバルキリーが操縦不能になって不時着。そして、古いマクロスを発見。

 ってかマクロスってなんですか???

 で、明日のライブにランカちゃんは間に合うのですか???

 その上来週も放送時間変更ですか!!!


 毎週、毎週、マクロスの放送時間に振り回されてます。本気でブルレイさんを入手しようかと思い始めましたよ。でも、オリンピックが終わってからの方が安くなりそうですよね…。ああ、7月は「西洋骨董洋菓子店」も始まるし、こっちも深夜だから放送時間が心配だ。特に、オリンピック期間中!!

 ああ、ブルレイさん買っちゃおうかしらん。

 あ、11話からエンディングがランカちゃんのデビューシングル曲「ねこ日記」になりました。商売上手いな、マクロスの中の人。
posted by まぐ at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | *comics&animations* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

こんばんは〜

レコ聞きながらギターの練習しつつ、「ゼロの使い魔」を見ていた、まぐです。

「ゼロの使い魔」は絵は綺麗だし、ルイズの百面相はかわいいけど、ストーリーがテケトー過ぎて意味わからん。すぐ死ぬ死ぬ云うのってどうなのよ?彼らの深く考えない有様が上っ面を横滑りしてる感じが気持ち悪いです。

マクロス見たのですが、感想を書く余裕のない日々です。月曜日に役員の歓送迎会があったせいで仕事がグダグダですよう!

でも、幸いなことにえいとくんのコンサトは天井席回避!今回も女史の籤運に感謝です。
あとは埋没しないことを祈るのと、上背を足し算する方法を考えます(笑)。
posted by まぐ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

何だかんだ云っても

よこっちょは青の子に優しいな、と(苦笑)。

ひいな君とのレコだと、青の子に「アイツは〜!」て感じで話題にするのに、本人がいると妙に優しかったりしてさぁ。

プレゼント当選者を読み上げる青の子を「がんばれーって思って見てたら、(電話)番号を押すの忘れてた」(今晩はメンバーへの突撃電話企画でした)なんてウマすぎやしないかい。



明日はひいな君とすばう君で新聞発表あるそうで、よこっちょ曰わく「月9並みの」驚き。

うーん、でも私は月9の驚きがどの位の驚きかわかりません。二人で番組持つの?オリムピック系?な、ワケないか。
テレビ番組とか舞台とか、そんなのが妥当?しかし、新聞だしょ?番組ならメインでないと確実に掲載されるとは云えないし、舞台だとこんな微妙な箝口令をする意味がわからんねぇ。だって、新聞ってことは記者会見なり情報の投げ込みは済んでるんだから、レコでオープンにしたっていいはず。新聞の売り出しを待つ意味は何なんだろ。

あー、わかんないからもう寝よう。おやすみなさーい。
posted by まぐ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

夜中のお楽しみ

最近、夜中にるろ剣を見てますf^_^;

いやいや、侮れないなキッズステ…。なにしろ京都編の終盤、志々雄と決戦なもんでガッついて見てますよ(笑)。毎日放送だから進みか早いのもイイ!先週なんてエンディングが麻薬事件で打ち切られたラルクの曲で感動したよう。いやぁ、あのエンディングは良かったのにねぇ…。

でも、やっぱり原作のがいいなぁ。
何回聞いても剣心の声が違う気がしるよ(笑)。アニメ化した時もぶったまげたけど、今聞いても…なぁ!
posted by まぐ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | *comics&animations* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

RSS広告

 私、au系のSNSのGREEにも加入していて、そっちの内容はここの(Seesaaの)ブログ記事をRSSで受信させて更新してます。こっちを更新すれば、労せずGREEも更新できちゃうワケさ!超便利!って思ってたのに…事件が発生しました。

 GREEに書いた覚えのない記事があるんですよ!で、開けてみたら広告なんですよ!びっくり仰天!!なんなの?!って思って原因を探ったところ…。

 RSSに広告を仕込まれていたことが判明。

 5/22にSeesaaの機能変更のお知らせがあって、ちらっと読んでいたのですが、まさかデフォルトで広告を2件表示させるなんて知らなかったです…。

 ちなみに、お知らせは以下の通り。

 「【新機能 2】RSSにアフィリエイト広告を表示する機能
ブログで出力されているRSSにアフィリエイト広告を表示することが可能になりました。この「RSS広告」は、クリック後のスポンサー検索で成果があった場合に、1〜25円の広告報酬がご利用者様のペイメントに支払われます。みなさまのブログのメディア価値向上に、今回新たに追加された「RSS広告」を有効にご活用ください。

「RSS広告」は、以下の操作でご利用いただけます。
1.マイ・ブログにサインイン
2.対象となるブログのブログ名をクリック
3.操作メニューから「設定>広告設定>RSS広告」のプルダウンで表示させたい広告件数を選択
4.「保存」ボタンをクリック
以上の操作で、1ページの表示件数を設定することができます。


 どこにも、デフォルトで2件表示なんて書いてないのですが(笑)。にもかかわらず、Seesaaさんはこの機能を追加した時に全てのブログにRSS広告を2件表示という設定をしたらしい…。
 私は基本的に広告なしの設定にしているので、まっさかデフォルトで2件表示されるなんて思いもよりませんでしたヨ。

 まぁ、そりゃ、無料でこれだけのサービスを享受しようというのが図々しいっちゃ図々しいのですが、そのかわり、たまにだけど記事と商品をリンクしてるじゃん…。ねぇ…。

 幸いSeesaaさんは、設定さえすれば表示をなくすことが可能なので先ほど広告を表示しない設定に変更しました。けれど、中には設定変更できないブログさんもあるそうな…。無料だから仕方ないのかもしれないけど…、なんかねぇ、ちょっと後味が悪い感じするなぁ…。
posted by まぐ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

今日は楽しい活元会☆ミ

活元会です。イエーイ。

ここに活元会や野口整体を検索ワードにして来る方がたまにいらっしゃるのですが、あまりお役に立つ情報がなくて申し訳ないです。あたしゃ、野口整体が好きなだけで専門家ではありませんから。

あの整体協会はネットや宣伝に興味がないらしく、本部のホムペがちょろっとあるだけで、あとは何にもない(笑)。そのせいで整体協会に関係ない自称系野口整体の方がサーチに引っかかったりするんだけど、それも協会はドンマイらしい。

一番笑えたのは、子供の頃に野口整体に行ってたってだけの事を経歴に入れてる某骨盤系整体師(笑)。例えば、子供の頃に名医の執刀で手術を受けたからと云って本人も名医になれるかと云ったら否だよなぁ。

私はそういうのを見て笑えるんだけど、純粋に野口整体を知りたいと思った人には不親切だよなぁって思う。もっと悪いのは不親切なだけでなく、確実に誤解されるだろうって話(笑)。だって整体協会もかなり独特な団体だけど、自称系はヒドいんだもん!!

まぁ、宣伝活動をしない整体協会が好きなので誤解されてる感じも面白いんだけどサ。あんまりヒドいのはねぇ…。

さて、今日はどんな活元会になるのでしょうか。変な人と当たりませんように!!
posted by まぐ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

ふっふっふっ…

 レコを聞きながら気味の悪い感じで笑ってます。でも、残念なことに、てごっちの顔を思い出そうとすると、こやっちが出てきます…。あぁぁぁぁぁ…。

 「グループにPがいるのは、どんな感じなのか。」が最大の疑問のよこっち(笑)。PのPは何なのか。ピンクのP?

 とーまくんを息子にしようとしたむっちゃん(笑)。ちなみに、たっきいとぴーが親子みたいという所にあやかろうとしたそうで(爆笑)。

 それにしても、ラジオでくっくっくって笑えるってスゲー幸せだ。
posted by まぐ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

アメリカ人が喜ぶ物。

 人にプレゼントをあげるって難しいですよねぇ…。相手が日本人でも悩むのに、アメリカ人にあげるとなるともっと悩む!

 日本好きの人なら選びやすいんだけど、大して日本好きでもなく、日本に対する知識もなく、でも興味は少しある、なんて場合…難しすぎる!!

 ちなみに、相手は私のはとこです。大叔母の孫娘、Teness。確か年下だけど二児の母。アメリカのはとこの中では一番日本に興味があるみたいで、年末に会った時に「日本行きたい!」って叫んでました。

 丁度、写真を送ろうと思っていたので何かいいプレゼントがないかなーと思っていたのですが、これがナァ!アニメのDVDとも思ったけどリージョンがあるから焼かないといけないし、翻訳漫画もいいけどなかなか一冊完結のはないし…。

 散々悩んで決めたのが『指さし会話帳』シリーズの「英語→日本語」版。
 韓国に行った時に、めあり女史に紹介してもらった「日本語→韓国語」の『指さし〜』を使ったのですが、使い勝手も良かったしわかりやすかったので、このシリーズなら「日本に行きたい!」と云っていた彼女にぴったりだろうと…。

 昨日、「受け取ったよ!」というメールが来たのですが、「(日本に関する)情報が色々あって気に入った」そうです。嗚呼、よかった。
 そして、ますます日本に来たくなったらしい…でも、あと20キロくらい体重を減らさないと大変だと思うなぁ。日本ってアメリカと違って狭いから…。

posted by まぐ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

マクロスF O.S.T.1「娘(ニャン)フロ。」の感想とかイロイロ。 ※ネタバレあります※

 うーん、中途半端かなぁ…。
 サントラという意味でも、挿入歌集という意味でも聴ききった感じがせず…。うーん。うーん。どうして、サントラと挿入歌をちゃんぽんしてしまったのかなぁ。特にサントラはきちっと聴きたかったから挿入歌にサンドイッチされるのはつまんない〜。もっとしっかり音を聴きたいよ〜。

 挿入歌は意外と(?)趣向がこらしてある感じで、特に2曲目の『Welcome To My FanClub's Night!』、3曲目の『What 'bout my star?』、4曲目の『射手座☆午後九時Don't be late』は「Sheryl On Stage」と称してライブ音源風にしてあって面白かった。
 でも、ライブ音源にして歌声が綺麗すぎる(笑)。「えー、シェリルって口パクなの?」って感じ。やるなら、曲と曲の間に挨拶とか、歌詞のアレンジとかやって、「それっぽさ」をもっと追求して欲しかったなぁ。そーゆーのってやり始めるときりがないものだけど、そこまでできないなら歓声とか手拍子とかいれないで、素直に挿入歌集にするんじゃダメだったの?

 ランカ・リー=中島愛さん、思ってたよりずっと良かった(笑)。今回のCDは基本的にテレビ放送したもののCD収録だったんだけれども、丁寧に歌ってるし、滑舌も割合といいし、映像なくても、聞けちゃうなって感じ。
 テクニックより、歌い方の丁寧さ、そして歌詞の英語部分も無理して英語っぽく発音せず、丁寧な日本語英語で切り抜けたのが良かったと思う。

 一方、シェリル・ノームのMay'nさんですが…。
 アレ?って感じ。シェリルが歌うシーンはライブ映像の事が多いので、いつもは音だけでなく視覚的な刺激も強いんですよね。なのにCDは音のみ。そういうのもあって想像していたよりも、つまらなかった。
 あとね、出来ないのに英語の発音をリアルにやろうとするのはやめといた方がいいと思う。子音の時の空気の抜け方が足りてないし、最低限の発音ルールもできてないよ…。

 thは下を噛んで発音するんだけども、有声音(ズ)と無声音(ス)のパターンがあって、有声音の場合は発音の流れで「ズ」でなく「ドゥ」と聞こえるような発音になることがあります。

 で、May'nさんはwithという単語で、「ドゥ」と発音されているのですが…日本語の「ドゥ」なんですよね…。英語の場合はもうちょっと舌が上あごについて、なおかつ息をもっと吐くんだとおもうヨ。他にもbとvやrとl、fとhもできてないし、子音の音も全体的に弱い…。
 だったら、無理せずに日本語英語で通せばいいのに、格好だけ英語っぽくしようとして、残念な感じになっちゃった。どうせなら、パフィーくらいぶっちゃけた日本語英語で行っちゃえって。
 その点、日本語オンリーの『インフィニティ』は発音にイラっとすることなく聴けたので素直に楽しめました。

 歌うことのテクニックでは、中島さんよりも引き出し多そうだし、バラッド曲「ダイアモンド・クレバス」の悶えるような切なさは秀逸だと思う。
 彼女の声質は手に入れようと思ったって手に入るものじゃないし、洋楽からのインスパアを上手に取り入れるセンスもあるんだから、発音を向上させるのか、日本語英語で行くのかはっきりさせて、むず痒い日本語英語ををどうにかして欲しい…。

 とそんな感じで、ニャンフロの感想でした。


posted by まぐ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | *comics&animations* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

始まったよ。

エコエコ.JPG13時間耐久エコ特番です。
昨日、ケーブルテレビのチューナーが新しくなって画面がデジタルきれい!でも、なんか、画面が小さい(汗)。

たちょ。え、通るの!?うっわ!よみうりランドなら…え、箱根越える?坂の緩さならむしろ足柄峠かっ?!

ああ、一日楽しみだ。
posted by まぐ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロスF 10話 ※ネタバレあります※

 こんなにも、スポーツ中継の延長が憎いと思ったことはありませんでした…。

 私、基本的に野球が好きなので、スポーツ中継の延長に関しては寛容でした。マァ、幸か不幸か私は某人気チームのファンでも、地元チームのファンでもないので中継延長の恩恵にあずかることなんて、殆どないのですが…。

 ええ、そうなんです。今回のマクロスはバリボー放送の関係で、15分遅れてのスタート。結果、前半の15分しか録画できてませんでした。

 近頃のデジデッキは自動で録画を繰り下げてくれる機能があるらしく、日頃からイイナァと思っていたのですが、今日は発作的にネットで注文してしまおうかと思う程に新しいデジデッキが欲しくなりました。たぶん、ダビング10さえ開始されていたら絶対に買ってたと思います(笑)。

 ダビ10と云えば、ダビ10が権利がらみで開始されないのは、家電業界にとってマイナスでしかないと思うのは私だけでしょうか…。

 何で揉めているって、権利団体はダビ10するなら著作権料をデッキ販売時に徴収しろと云い、家電業界はデッキの値上がりにつながるorメーカー負担(値上げできないからメーカーがその分を吸収)になるからイヤだと云い、という事なんだそうで。

 そんなことで揉めているよりも、たとえ本体価格が上がっても「ダビ10解禁だからみんなデッキを買おうぜ!」と云った方が売れると思いますよ…。ダビ10はそれくらい魅力あるよ!!だってムーブ1回のみって、ダビングでしくじった場合はデータが全部おじゃんですもん。私も過去に1度だけ経験したことあります…。そら、もう、のたうち回りたいくらいのショックでした…。


 というわけで、前半15分で姫を中心にした微妙な三角関係と、姫の過去ばなし、および「おやま」映像、なんとスタントシーンにはキスシーンあがる!!というネタ振りだけ見て、オチは見られませんでした(号泣)。

 ちなみに、録画が切れる瞬間は、スタントシーンにキスシーンがあると知った姫の赤面でした。あんなにかあいい姫、見たことないっvv

 あー、ショックすぎて涙も出ない…。
posted by まぐ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | *comics&animations* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

マクロスF 9話 ※ネタバレあります※

 さて、『フレンドリー・ファイヤ』されちゃった姫ですが、こう、痒いところに手が届かない感が。
 姫が良い子なのは、知ってるんだけど、なんかこうも簡単にミハエルと仲直りというか、接近されちゃうと…。二人には、もうしばらく緊張した関係で居て欲しかったなぁ。

 緊迫と緊張のある人間関係が好きです。だってリアルに生きてたら、人間関係なんて緊張の連続だし。だから、ちょっとイラっとくるくらいが快感で、そういう意味で、佐藤多佳子の小説って好きだったりします。

 それにしても、ミハエルのねーちゃん、意味わかんね!

 なんて云うか、今回の話は本気で自殺したくなったことないヤツが書いたんじゃないかなぁ。ミハエルというキャラに影をつける為に、適当に身内が自殺したという設定にしてみた、としか思えないストーリー展開。
 あれじゃぁ、自殺した設定にされたねーちゃんも可哀想だが、中途半端な描写しかしてもらえなかったミハエルも可哀想だよ。

 日曜日にケーブルで「彼氏彼女の事情」を放送していて、毎週のようにみているのですが、アレを前にしたら今回のマクロスなんて低次元すぎて話にならない…。
 そりゃ、「カレカノ」は原作付きのアニメで、何より鬼才・庵野監督と比べちゃ悪いとは思うよ。でも、主要キャラの身内を自殺させるなら、根性ある脚本と演出をやってほしかった。姉の名前を出されて、簡単に動揺して、姫に誤射して、励まされて、信用されて、友情で立ち直る?はぁ?ですよ。
 大事なお姉ちゃんが死んで、それでも頑張って生きてきたミハエルに対して、失礼な極まりない。もっと、きちんと孤独を抱えて生きて行く子だと思う、彼は。

 今回の結論:絶望したことのないヤツは、絶望を語るな。
posted by まぐ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(1) | *comics&animations* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。