☆本ブログの内容には多分にオタク的な要素が含まれますのでご理解のある方のみご覧下さい。☆
×諸注意×
このブログには映画・アニメ・漫画などの感想も掲載されています。そのため、いわゆるネタバレ(原作・本編の内容と関連のある内容の掲載)がある場合もあります。最新刊(号)や、最新の放送をご存じない方はご注意下さい。また、碧海の書いた文章や絵、撮影した写真等を無許可で転載、二次配布、複製することはお断りしています。

2009年01月31日

たまには

えいたーらしい事を云おうと思う。


うるぐすのテーマ曲が新しくなるって云うから、わーいCD出るんだ〜って思っていました。

しかし、かれこれ1ヶ月、リリースのリの字どころか何の音沙汰もありません。もしや、このままシングルカットがないまま終わったりしないよね(´・ω・`)
アルバムだって、47以来でてないし!


シングル出して、アルバム出して、コンサートしようよ(涙)。そろそろコンサート成分を補給しないと悲しい気持ちになってくるよ〜(泣)。

仕方ないから、この音沙汰のない状態は何かサプライズがあるからだと思おうとするのですが…かっつんの春コン決定ですか…。あちらはコンサト決定ですか…。えいとはまたしても「緊急決定」パターンですかね?

もしや、それすらないパターン?


いじけて、僻んで、のた打ってしまうわ…。
posted by まぐ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

あらまぁ

気づけば1月も残りわずか。仕事が暇だけど、休むに休めない微妙な感じ。採用事務って面倒ですね…。

近頃、上司がヘロヘロです。本人は必死で頑張っている様子なのですが、周囲が迷惑(^_^;)
しかも、たまに酒臭かったりもしてます。前日、どれだけ飲んだのでしょうか…。
でも、そのおかげで部内では「どうやって、酒臭いのは勘弁してくれと伝えるか」で大盛り上がりですがね〜(笑)。

ま、嫌な事も明るく笑い飛ばせるようにがんばりまーす。
posted by まぐ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

どーにもなんないな、と思う。

 近年のアメリカを語るとき、「国民の分断」という言葉がよく使われていて、それらは大体において、コンサバ(保守)とリベラル(革新)、リッチ(富豪)とプア(貧困)、ホワイト(白人)とブラック(黒人)なんだけれども、日本もアメリカと大差ないなぁと最近、頓に実感します。

 勝間和代という人が毎日新聞でやっているクロストークという企画があって、そこでされる話題と投稿内容がまさしく「国民の分断」の主戦場になっています(笑)。
 勝間さんは去年あたりから本がかなり売れていて(それ以前から、知っている人は知っている的な才女だったようですが)雑誌やテレビなどにも多く登場されていますから、写真をみると「あぁ、あの人!」みたいな感じに云われるタイプの著名人かなー、と思います。

 で、ま、そのクロストークなのですが、今回のお題が雇用と労働なのですが、にちゃんじゃないから炎上しないだけで、もう、なんて云ったらいいのか、ウンザリな状態になってます。
 勝間さんが指摘している、日本の雇用と労働に関する問題は3つ。
  1:雇用形態による格差
  2:長時間労働
  3:ワーキングプア
 その解決策が、
  1:正規雇用者の解雇要件を緩和。再就職支援の義務化や不当解雇を防止する方策も立てる。
  2:欧州連合と同等の、週48時間労働規制を導入する。
  3:最低賃金を1000円に引き上げる。すると平均賃金の約42%になり、余裕が生まれる。

 なのですが、それに対する意見がもうgdgd。問題提起としては社会施策の話なのに、コメントが妄想や精神論だらけ(笑)。問題の投げかけ方も散漫かなぁとは思うのですが、それにしたって!なご意見多数。

 たとえば、

 ・きちんと努力すれば報われる
 ・それなりに努力すれば、正社員になれる
   →それだけじゃ困難を克服できないから、社会問題になっております。

 ・(ワーキングプアは)低所得というよりも意識(メンタル)な問題
   →ワーキングプアって、長時間労働(努力)しているのに、収入が少ない人のことですよ。

 ・心の通った雇用システム
   →うーん、意味がわからない。

 ・(気概があれば)どんな仕事でもできると思います
   →どうすれば金になる仕事を得られるかが争点であって、どんな仕事でもできればいいという話題ではありませんよ。

 ・派遣やフリーターは江戸時代でも社会問題化していた
   →経済や外交のシステムが大きく違う時代と比較しても…。

 まったくもって、ヒデェ(笑)。挙句、自分の職場の愚痴を書き連ねる輩や両親の苦労話を書く人も。その話が、労働問題の解決や新たな知見になるのかと思いきや、ただの愚痴と苦労自慢(しかも自分の苦労ですらない!)。

 でね、思いました。ああ、ここにコメントを寄せている大半は、真面目に労働しているのにワーキングプアとか、学校卒業時に日本が大不況で正社員の就職口がなかったとか、親が金銭的にも知性的にも貧しくて全うに勉強する機会がなく頭はいいのに知識や知力を得られなかった人とか、そういう「本人の力ではどうにもできない事情がある」ということを知らないで済んでいる人(腐った中産階級や上流階級)なんだなぁって思いました。

 この結果を見て云えるのは、日本だって十分「国民の分断」がおきてるんだってことじゃないでしょうか。つまり、日本の場合は「自分がチャンスに恵まれていることを知らない人とチャンスに恵まれなかった人」の分断なのです。

 誰かに対して厳しいことを云うのは、とても簡単です。たった四文字「自己責任」って云えばいいんですから。でも、生きているってことは「互助」なんだと、私は思ってます。
 今を辛く生きている人、その人に対して、どれだけ暖かな気持ちを持てるか。自分が大事にされるのと同じだけ、相手も大事にされるべきなんだって、思えるか。そんなところが、人として生きてゆく上で価値のあることなんじゃないかなーと、薄ぼんやりと感じています。

 ちなみに、戦場はこちらです。
posted by まぐ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

洗濯待ち。

会社の軍手を洗濯中(@コインランドリー)。


オバマの演説はやっぱり良かったと思う。
評論家や新聞は期待過剰なアメリカ国民に現実を示し、忍耐を求める内容だって論調が多いけど、私はそれだけじゃないと思う。

演説の中で、アメリカの歴史やアメリカ人の普遍的な価値観である愛国心を語る事で、今までだって困難はあったし、困難を乗り越えてきたことを具体的に示してた事が一番重要だったんだと思う。
具体的な事柄を示すことでオバマはアメリカ国民を勇気づけたかったし、大統領に対する期待を聴衆自身が自分へ抱く期待(自分もなにかできるという自信)に変容する鍵にしたかったんだと思う。

上手く説明できないなぁ。でも、これ以上の説明は思いうかばない〜(涙)。

オバマの行く手には困難も多いけど、上手くすれば、国民と為政者がかなりフラットな関係で政治が行われる可能性があると思える。
それはもしかすると、民主主義のあらたなステップになるかもしれないけど…そうなると国民の知性が問われるからなぁ。アメリカって、信じられない主張する人がいるからなぁ(笑)。

やっぱり最後は教育だなぁ〜。
posted by まぐ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

今日

とうとう、オバマが大統領に就任ですなぁ。演説に備えて早く帰らねば〜。

NHKも中継するだろうけど、やっぱりCNNのが面白いかな?アメリカの政治家は日本の政治家よりも演説に力が入ってる(=上手い)から凄く楽しみだわ〜。


この間、思いついたのですが、日本の総理大臣と省庁の大臣の給料を大幅にカットしてオバマに支払ったらどうっすかね?払うもん払って、代金分だけ面倒みてもらった方が良くないか?この際、51州目にしてもらうのも手でしょ〜。アメリカの州は裁量権や自治権がかなり強いから、このままでも結構、行けるんじゃない(笑)?
関税もなくなって、輸出産業も万々歳でしょ。しかも、アメリカは国防や外交なんかの日本が苦手にしてる分野が得意なんだからお任せできるし。それに、州になった方が云いたいことが云えそうな予感がする(笑)。

私は皆保険と銃規制さえ守られれば51州目になってもいいや。むしろ、積極的になりたいよ。

日本の学生はよく勉強するからアメリカの統一テストを受ければ、それなりの大学には入れちゃうんじゃない?州になれば当然、ビザはいらないから勉強しながら仕事もできるし。
就職したって、労働者の権利養護はもちろん、ライフワークバランスだってアメリカのがいいから、中高年の自殺も減るんじゃないのかしら。

私、日本の事が好きだけど、最近の日本の政治を見てると「日本終了」って気分になってきます。すでに「税金返せ」とかいうレベルでなく、「こんな体たらくだったら国やめれば」ってくらいに腹立たしい。

そんなこんなで、今晩、オバマが大統領に就任です。楽しみです。
posted by まぐ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

銀行回り。

久々に銀行回りです。

以前に根性悪いことを私に云って来たお局様が同行です。同行と云っても、途中から別行動なんですけどね。

今度、そのお局様が暴言吐いたら鬱になって退職してしまおうと思ってるのですが、なかなか暴言を吐きません。チッ(笑)。

会社でインフルエンザが流行中です。別フロアの部署は半数近くが休んでます。このまま会社中に蔓延さたらと思うと怖いですねぇ。

インフルエンザ対策と云われても、手洗いうがいの励行くらいしか思い浮かびませんが、やらないよりはマジかな。罹患しないように頑張ります。
posted by まぐ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

東京タワー 展望台で!

レインボーブリッジ方向.JPGレインボーブリッジを見る。20:11
posted by まぐ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワー 展望台で!

眼下を望む.JPG150m下を覗いてみた。20:06
posted by まぐ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワー 展望台に到着!

CA350242.JPG東京タワー150m展望台にて。19:55
posted by まぐ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワーに接近中! その4

直下!.JPG東京タワーの真下にて。19:24
posted by まぐ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワーに接近中! その3

接近中 3.JPG東京タワー前にて。19:23
posted by まぐ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワーに接近中! その2

接近中 2.JPG増上寺脇にて。19:20
posted by まぐ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワーに接近中!

接近中 1.JPG麻布十番にて。18:43
posted by まぐ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生には挫折がつきものだ。

今週末は大阪のインテに行く予定でしたが…諸々、挫折。

年明け一週間で疲労困憊。体力には余裕あるけど、体を動かす気力なし。
いやーな気配がするから今日は整体に行くことにしました。今更の様に大阪に行きたかったなって思うのですが、先週の調子の悪さを考えると無理だったなって(涙)。

Anyway。
ま、仕方ない!今週から仕切り直しだね。

今、動いたら仕事辞めちゃいそうな気分なんだけど、一生懸命やってみた結果でぶち壊したんなら、それはそれで受け入れられそう。

それに、麻布十番のかえる様で引いたおみくじがとっても良かったから、今年は間違いないよ!
運勢は末吉だけど、和歌も占の結果も私が欲しいものが全部書いてあった。

なんとなく、根拠なく、頑張れるって思えます…あれ、もしかして整体の先生にきつめにチューンされたかも(笑)?

インテに行けば良かったって思えるくらい回復してるんで、今週からは大丈夫です(^-^)v
posted by まぐ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

なんでだろーっ(*´Д`)=з

ギターがなかなか上達しません。
同じフレーズを何十回と繰り返し練習して、やっと、「あっ上手く行くかもっ」と思った瞬間にしくじるのね(笑)。その悔しさたるや、筆舌に尽くしがたいとは正にこのことです。

でも、いいや。少なくとも昨日の私よりは上手くなったから!亀でも諦めないで地道に頑張るしかな〜い。
posted by まぐ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

中東危機

 イスラエルの地上軍がガザに侵攻した、というニュースをCNNで見ています。当然、BREAKING NEWS扱いのLIVE放送です。

 私は自分が中学生から高校生くらいの頃、21世紀は20世紀と比べてずっと平和な世紀になるのではないかと思っていました。

 特に中東の和平についても明るい希望を抱いていました。
 1990年代初頭、父ブッシュの後を受けたクリントン大統領が中東和平の確立に向けて仲介に乗り出し、1993年にPLOの故アラファート議長とイスラエルの故ラビン首相が握手をするという歴史的な会談がアメリカで行われた時には、いつか憎しみも越えられるのではないかという希望が近づいたように思われました。

 しかし、ラビン首相は暗殺され、アラファート議長の死後PLOは求心力を失い対イスラエル強硬派のハマースが実権を握りました。その上、クリントン後の息子ブッシュはあまりに無力で、日本は平和の国を自認する割りに中東和平に無頓着で有りつつづけました。

 今日、中東で起きていることは、ただの宗教対立でも、ただの民族対立でもなく(私は民族という概念を否定する立場ですが…)、世界の無力の結果なのだと思います。

 今回の中東危機は、イスラエルのオルメルト首相が国内での支持を得るために、アメリカの政権交代時期を狙って、空爆を行い様子を見たところ、アメリカおよび国際世論が大きく批判しないので、地上軍の投入に踏み切ったのでしょう。ハマースがイスラエルに対して行っているロケットランチャーによる攻撃もイスラエル軍のガザ地区侵攻の良い口実になっています。

 12月19日より前の6ヶ月間は停戦できていたのに、停戦期間が終了した12月19日以降ハマースは挑発にしかならないロケット弾攻撃を行い、イスラエルはプロパガンダ目的としか考えられない空爆を行い、停戦合意は完全に破棄されてしまいました。

 イスラエルにこれ以上軍事力を行使させない為にはどうしたらよいのか。それは、もうアメリカが「イスラエルには同調できないという態度を強烈に示す」しかないんです。

 しかし、超絶死に体でやる気ナシで親イスラエルのブッシュは何もしないどころか、国連で採択されたイスラエルに即時攻撃停止を求める決議案に拒否権を行使しました。一縷の望みであるオバマ次期大統領は「自分はまだ大統領でない」という意の発言を数日前に行ってしまっています。
 では、日本はというと麻生総理は空爆が開始された直後にイスラエルに抗議したという報道が流れましたが、内政がこのザマの彼に何かが出来るとは到底思えず…。(派遣村で大騒ぎしてるご時世に豪華中華料理を食べに行ける神経が信じられない。)

 かと云って、まことに悔しいことに、私に何が出来るわけでもなく!!

 テレビを見ながら『かんべんしてよ』としか言葉が出てきません。
posted by まぐ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | *miscellanies* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

あけましておめでとうございます

 皆様、楽しい冬休みをお過ごしでしょうか?そして、私の出した年賀状は無事に届きましたでしょうか?31日に投函したので、2日には配達になっているのではないかと思います!

 私はと申しますと、元旦から腹を下しました…。それも、半端ねぇ感じでして、腸内洗浄でもしたのかって勢いで、もう、綺麗さっぱり下しました…。

 腹を下していた期間はわずか一日だったのですが、摂取している水分以上の水分が出て行ってしまったがために、皮膚がパサパサしてきたのには驚きました。熱っぽく、食欲もなく、ぐったりしてましたが、皮膚のパサパサ化には驚き、多少無理してでも水分だけは摂取しました。

 ま、今日は元気です。
 ご飯もおいしく頂きました(笑)。相変わらず、体調を崩してから復活までが異様に早くて自分でも驚きます。

 健康が一番と思いつつも、昨日のデパートの初売りを逃したのが悔しくてなりません…。書店の福袋(レターセット、カードなど4,000円相当)が欲しかったよー。これで厄が落ちたと思えばそれでいいかぁ。

 新年早々、尾籠な話題ではじまりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

 今年の私はちょっとチガウぜ!イエーイ。
posted by まぐ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。