☆本ブログの内容には多分にオタク的な要素が含まれますのでご理解のある方のみご覧下さい。☆
×諸注意×
このブログには映画・アニメ・漫画などの感想も掲載されています。そのため、いわゆるネタバレ(原作・本編の内容と関連のある内容の掲載)がある場合もあります。最新刊(号)や、最新の放送をご存じない方はご注意下さい。また、碧海の書いた文章や絵、撮影した写真等を無許可で転載、二次配布、複製することはお断りしています。

2010年01月28日

えいとで幕末史(維新志士ver.)

えいとで幕末史をキャスティングしてみようとゆー、試みです。なんか偉そうですが、元ネタは吉永さんの「晋作をすばちゃん」というアイディア。たぶん、史上初のえいたー歴女のコラボ企画(一方的に)です(笑)。
じゃ、早速。

横っちょ…桂さん!
同盟の裏書きを竜馬さんに頼む慎重さが横じゃないかと。
ひなちゃん…中岡さん!
竜馬さんのツッコミ役(笑)。大政奉還の元ネタは中岡さんって説もあるくらい賢い人だったようですのでひなちゃんで。

すばちゃん…高杉くん
喀血シーンが見所になりそな配役〜。想像するだけでウハウハ。切れ者なんだけど、愛嬌のある雰囲気がすばちゃん向きですな。

まるる…松陰先生
あの頭いいのか悪いのかわけわからん人はまるるにお願いしたい(笑)。しかも、よこすばに教えをたれる!!み、見所だ。

やしゅ…岡田以蔵か武市先生
やっさん、コワイ役なんてどうでしょう?以蔵は最後、打ち首。あれ、獄死だっけ?武市先生はハラキリだったかな。土佐の先鋭集団の人々を演じて欲しいです。

りょんきち…岩倉具視!
冤罪に近いかたちで蟄居になるあたり、りょんきちに似合うと(笑)。りょんきちは天下無双の挫折顔ですから。

たちょ…伊藤くん?
常によこすばの周りをうろちょろ!!かわゆす〜。でも最後は紀尾井坂でテロの犠牲に。国費を自腹借金で補填したなかなか偉い人です。本当はもっとキラキラ系の人に配役したいのですが、志士でキラキラ系の人が思いつかなーい。

次は左幕方です!
posted by まぐ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イマドキ

100128_2052~0001.jpgベータもVHSもないと思うなぁ…。@地元ターミナル駅にて
posted by まぐ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

漫画を読む技術

生まれて初めての漫画は「タッチ」だったのですが、当初は全く持って読み方がわからなかったのを今でも鮮明に覚えています。
5歳くらいでしたけど、字は読めたんですよ、字はね。でも、コマの順序や効果音の意味、集中線の意図、キャラクターの記号的な表情、そういうのがさっぱり理解出来なかったんです。

今となって思えば、漫画を読むって技術がなかったってだけの話なのですが、当時はわからないことすらわからなかった(笑)。

で、最近の少女漫画はそういう読むのに技術を必要とされる作品が少ないなって思うのです。そもそも、少女漫画って少年漫画よりコマでの展開が少ない、云うなれば絵物語なのですが、それでも10年前はもそっとコマ展開がなかったかな、とふと気づきました。そこで気にしてみてると、コマが崩壊してる漫画ってかなりある(笑)。ずるずるした画面展開にびっくりです。

特に小中学生向けはコマ崩壊がかなり来てて、近頃は白泉の本誌も危ない予感。
そういう漫画ってダラダラ読むには楽しめるけどガッツリは楽しめないのがなぁ。

しかし、このまま行くとあと10年で日本には漫画すら読めない人々が量産されるとか?うへぇ、怖い。
まだ少年漫画があるから大丈夫かしらん?

ああ、そろそろ面白い少女漫画が読みたいなぁ。コマ割でドキドキワクワクさせてくれる漫画が読みたいなぁ。
posted by まぐ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

23日は

父親の誕生日で、お寿司屋さんでご馳走しました。もちろん回るお寿司屋さんですがね。

で、そのお寿司屋さん。なんと混雑緩和のために携帯電話から予約ができるんです。
低価格を売りにした人気店なんで、普通に行ったら待ち時間100分とか云われます(-_-#)
それが事前に携帯電話を使ってネット予約をすれば待ち時間なしで席につける!このシステムは感動的に便利!
これぞIT技術の正しい活用法だと思いました。
posted by まぐ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

だるだる〜。

今日、午後本社。
面倒でたるい。
ほんと、社会で生きるってことに向いてないんだなって思う。

先々週、会社での不要なもめ事(部長の報・連・相不足による無駄な口論。情報は部内展開しろよ!!)に際して、部長がパワハラ発言を私にかまし、当然、瞬時に私が「それはどういう意味だ」とやり返し(私にパワハラかまそうとはいい度胸だ、捻り潰してやる(笑))、以来、部長と険悪。てか、向こうは私が本社にパワハラ発言をたれ込んだら身が危ういわけで、どうやらびびってるっぽい。妙に言葉使いが丁寧で声が明るいのがキモイ。だったらパワハラすんなよな〜(´・ω・`)

だいたい、度々、朝酒臭い状態で出勤してくるモラルハザード部長だもんな。まともさを期待するのは所詮無理か…(-"-;)
どれくらいひどいって、朝の飲酒チェック(飲酒運転防止目的)で、計測結果が「自動車を運転したら即座に免停レベル」(笑)。しかも何回も測定して数値を下げようとするし(((゜д゜;)))え、電車通勤で社用車運転しないからいい?いやいや、二日酔いでうんうん唸って仕事になってないだろ〜(-_-;)

それでいて、私にはパワハラか。ふう〜ん、よくわかった。
posted by まぐ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいりーっv

CA350379.JPG深夜にまいりー見てます、描いてます(笑)。
高カロリーだなぁ〜。
posted by まぐ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

アメリカ旅行記4

一昨日日本に帰って来ました〜。周りの人が全員日本語を話してるのが変な感じ。
でも、まだまだ続くアメリカ旅行記。

1:宇宙航空博物館(無料)
朝一番のハイライトツアーに参加。解説を受けながら約1時間、館内を見学。ガイドのおじさんのトークが上手くて、あっと云う間の1時間でした。ガイドツアーはオススメです。
そのあと、空軍の選抜訓練を紹介するシアターを見学。実際の訓練をもとに作ってるので迫力が違う!軍事マニアなら涙を流すんじゃないかって内容的です。何しろ、最初の10回の戦闘を生き延びるとその後の生存率は飛躍的にあがるそうですよ。いや〜、知らなかった(笑)。

2:美術博物館(無料)
西洋美術館では、レンブラントとフェルメールがハイライトかな?フェルメールは二作品ありましたが天秤を持つ少女のが良かったかな。だいたい日本でフェルメールの展示なんて云ったら人混みで近づけやしませんが、アメリカでは限りなくそばまで行かれました。少女萌え〜o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪

現代美術館ではマーク・ロスコの作品が私的に大ヒット!初めて見る画家さんですが、もー、私の趣味にドンぴしゃ(笑)。
最初は四角が描いてあるだけの抽象画だったんですけど、館内の椅子に座って見たらキャンバスの四角は海が見える窓だったんです!!並んでいる3作品は朝と宵闇と夕方で、時間が違うんですよ〜。あひゃ〜、驚いた〜。
んで、見れば見るほどいい絵でさ〜。言葉で説明しようとすればとりあえず四角としか云えないんだけど、波の音が聞こえてきそうな四角なんだわ〜。ああ、遠浅の海だな、水平には島影が見えるのかな、宵闇の海で波が白いんだな、朝日がシェードの向こうに滲んでるんだな、って、どんどん世界が広がってくの。
私、抽象画に開眼したかもしれん。

3:国会議事堂
こっからは夜のツアー(40ドル)での見学です。
夜の議事堂はライトアップでまた違った雰囲気!ライトアップのセンスの良さにはビックリですよ。(東京タワーの変なライトアップ、どうにかしろよ〜(笑))

4:ホワイトハウス
地上3階地下3階の134室だそうです。アメリカのファーストファミリーが本当に住んでる家です。警備の為に周辺の通りは車の侵入を禁止しています。それもコロンビアの爆破事件や911を契機に始まったそうで、それまでは普通の道路だったそうです。
トルーマン大統領の頃に大掛かりな改築がされ、それまでは柵すらなかったそうです。ちなみにガイドさん曰わく、トルーマン大統領にはやんちゃな息子が4人もいたから、柵は人を中に入れない為ってより、やんちゃ息子達を外に出さない為に作ったんじゃないか、だそうです(笑)。奴らはかなりのやんちゃで、ある日兄弟が病気になったので励ますためにホワイトハウスの中にお気に入りの馬を連れて入り、エレベーターに乗せて病気の子の部屋まで行ったそうです。床には馬の落とし物がついちゃうし、もう、大騒ぎ。ホワイトハウスは大統領の自宅ですが、同時に執務を行う場所でもあってスタッフもたくさんいるわけですよ(笑)。そこに馬!それにしても、子供に連れられてエレベーターに乗った馬って、賢くて優しい、性質のいい子だったのね〜(笑)。さすがアメリカの馬。

5:第二次大戦追悼記念碑
6年前に設立されたメモリアルプレイスです。
印象に残ったのは、ブロンズのレリーフの最初の一枚がラジオの戦況情報に耳を澄ませる家族の様子だったことです。兵士だけでなく、その家族に対する想いを感じました。

6:ベトナム戦争追悼記念碑
ベトナム戦争はアメリカにとって複雑な戦争で、勝てなかったばかりか戦争の意義を見失い、従軍した兵士は帰国後は冷遇されたそうです。
そんな兵士たちの境遇に対して、リスペクトを示すために25年前に建てられたのがこの記念碑です。
戦死者は15歳から67歳までいて、十字の記しは作戦中の行方不明、星は作戦中の死者だそうです。
石碑には名前がずらりと並び戦死者とひとくくりにされる人間の群れが本当は一人一人の異なった存在だった事を感じました。

7:朝鮮戦争記念碑
朝鮮戦争は戦闘期間が短かったにも関わらず死亡者の多い激戦でした。
兵士のブロンズが全員レインコートを着ているのは暑く湿度の高い雨季の朝鮮半島での過酷な戦いを表しているからだそうです。
石のレリーフには兵士の姿が彫られていて、薄明るいライトアップに浮かび上がっています。ガイドさん曰わく、意図的に幽霊かのように演出しているのだそうです。また、周辺の木が生い茂る季節にはブロンズ像が林の中を行軍しているように見えるようになっているそうです。

8:リンカーン記念堂
私と同じ誕生日のリンカーンさん(誕生日が同じってだけで親しみがあって、リンカーンさんと呼んでいます)の記念堂です。パルテノン神殿みたいな御堂に大理石製の座像のリンカーンさんがいます。
リンカーンさんは奴隷解放令や「人民による人民のための人民の政治」というセリフで有名です。アメリカではリンカーンさんの誕生日は祝日(っても、今は2月の第二月曜日に移動させられちゃってますが)なんですよ。リンカーンさんはそんくらい偉い人です。だからアメリカ人にリンカーンさんと同じ誕生日と云うと、たいがい「へぇ〜っ!」って云われます。日本では「ふぅ〜ん」ですが。
このリンカーン記念堂の正面階段はキング牧師の「I have a dream演説」が行われた場所でもあります。
リンカーンさんの記念堂でキング牧師の名演説の地!やべぇ、マジ、ヒストリカルプレイスだ。

ちなみに、私はメンフィスにあるキング牧師が暗殺されたモーテルも行ったことがあります。ちんまいモーテルでしたけど、大きなリースが掲げてありました。

9:ジョン・アダムス記念堂
ジョン・アダムスはアメリカ独立宣言の起草者にして、政治家、作家、音楽家と多彩な人でした。
この記念堂は大恐慌の時代に就労支援のための公共事業として作られたそうです。大理石の立派な御堂にそんな事情があるなんて!
日本も公共事業で国立の戦没者追悼施設でも作ったらどうだろうね。あ、右も左もクレームしまくりで無理?あ、そう(笑)。

10:ペンタゴンと空軍追悼施設
ここは車窓から見ただけですが、911テロでペンタゴンを標的にした飛行機が墜落した場所が空軍追悼施設になっています。
911から現代アメリカの大暴走が始まるわけですが、リアルに事件現場を見ると、なんとも痛ましくやりきれない気持ちになります。なぜ宗教や政治は万民を幸せにできないのでしょうか。どうして宗教や政治が理由で人が殺し合うのでしょうか。私にはわかりません。


とゆーわけで、4回目終了です!
posted by まぐ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

アメリカ旅行記3

3日目〜!

1:国会議事堂(無料/要チケット)
まずは、国会議事堂です。中を巡るツアーは事前予約が必要。
前々日ホテルのパソコンから予約をしまして、その時にプリントアウトした紙を片手に白亜の議事堂に突撃です。
エントランスの中には色々な銅像があるのですが、なかでもカメハメハ大王とヘレン・ケラーには驚きました。しかもヘレンがなかなかの美少女!!萌え〜(*´∇`*)

ツアーは、アメリカ史と議会についてのビデオをシアターで見る所からスタート。シアターのあとはガイドさんと一緒に館内見学です。ツアーは参加者の出身地を聞いたりしながら和やかな雰囲気で進行して行きます。ガイドさんの話芸が素晴らしいんだわ〜(笑)。アメリカ史の基礎知識があった方がより楽しめますが、建物に迫力があるので建築を見るだけでも十分楽しいと思います。

ツアーのあとは、上院下院の議場を見学。カウンターでチケットをもらって議場二階にある傍聴席へ。傍聴席の下にはテレビでみたことのある、あの議場がっ!す、すげぇ。一般教書演説のあの議場っすよ〜。

しかしながら、思いの外小さく質素な印象の議場にびっくり。テレビで見るのと実際って違うのね。

2:国立日系アメリカ人記念碑(無料)
太平洋戦争が始まるとアメリカに住む日系人は敵性外国人としてアメリカ政府によって強制収容所に隔離りされました。それは土地や建物など私有財産が没収される不当な隔離政策でした。
彼らは日本が降伏するまでの間、アリゾナやカリフォルニアなどの荒野に建設された鉄条網に囲われたバラックで、アメリカ兵に監視されながら生活しなければなりませんでした。
戦後、日系アメリカ人は誠実に働きアメリカ社会の中で最も受け入れられた移民の一つとして名誉ある地位を占めるようになりました。そして、ロナルド・レーガン大統領の治世に至ってアメリカ政府は戦中の収容が不当な行為だった事を認め公式な謝罪を表明しました。

この施設は日系アメリカ人が経験した差別をや不当な扱いが繰り返されないことを祈念して建てられた、小さいけれども重要な意義深い場所です。

3:国際スパイ博物館(18ドル)
実際に起きたスパイ事件の紹介やスパイの秘密道具を展示している博物館です。小ぶりな私設博物館ですが、スパイなりきり体験や実物展示があって楽しめます。

と、そんな感じで3日目でした〜。
posted by まぐ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

アメリカ旅行記2

長い長い空の旅を経て、ワシントンに着きました!

初日の夜は、ショッピングモールを散策した後にフードコートでタイヌードルを食べました。これが意外と美味しかった(笑)。アメリカのくせにやるな〜。

そして今日から史跡と博物館巡りを開始!凍える寒さの中で大奮闘ですよ。ああ寒い。

1:ワシントン記念塔(無料/要チケット)
ワシントンの中心地区の西側に立つ白い塔で、その名の通り初代大統領ジョージワシントンを記念して建てられました。高さ555フィートで中はガイドと一緒に高速エレベーターで移動しますが、下りでは各州や団体、寄贈したパネルを見るために減速してくれます。
エレベーターの中では他にも石の加工跡の違い(石工による手作業か機械による加工か)や、今年が完成から250年の記念の年であることなどの解説がありました。ちなみに1970年代まで、徒歩で登り降りしていたそうです。ひぃ〜っ。

2:ホロコースト博物館(無料)
第二次世界大戦中にナチスによって行われたユダヤ人に対するホロコーストについての博物館です。
展示内容はユダヤ人排斥の思想や時代背景、そして実際に何が行われ、今なお世界で続く民族浄化という虐殺行為について、更には未来に対して何をすべきなのか、それらすべてが具体的に示されています。
展示の中には、これが人間の所業かと目を覆うばかりの映像や写真もあります。本当に人間が同じ人間に対して行なったのかと、疑いたくなるような内容です。
展示を見て、戦争の狂気という言葉では片付けられない、なぜなら冷静な計画に基づき組織だって行なっていますから、人間のおぞましさについて深く考えました。

ちなみに博物館の離れに博物館の開館時間前から開いているカフェがあります。そこでキニッシュというヨーロッパ東部の食べ物とコーヒーを頂きました。
キニッシュは惣菜パンのような見た目で、パイ皮の中に潰して味付けしたジャガイモとブロッコリーが入っていました。バターたっぷりで、なかなかどうして美味でした!
こんな風に、ヨーロッパにいたユダヤ人と縁のある食べ物を併設のカフェで食べると、どこか遠い国の遠い昔にあったようなイメージだったユダヤ人迫害が、実感をともなって感じられて「他人事ではないんだ」と思いました。

3:アメリカ史博物館
(無料)
さて、ここからはスミソニアン博物館群です。
アメリカ史は基本的に移民がやって来てはじまります。原住民の歴史はまた別の博物館らしいです。
にも拘らず、巨大な建物!中は、技術や産業に別れた展示になっています。
一品性の高い品物(初期の星条旗や映画オズの魔法使いのドロシーの靴、セサミストリートのカーミットなどなど)から、時代を知るための街並み再現や自動車、バス、列車などの実物展示まで、どれも目を引くエンターテイメントな展示!日本んにゃないぜ、こんなの〜(歴史が長すぎて無理)。

4:自然史博物館(無料)
恐竜から始まって、アフリカサバンナ、オーストラリアやニュージーランドの固有種について、海洋生物は海草や珊瑚、鯨に深海魚まで、鉱物鉱石では28カラットのダイヤモンド、果ては地球の成り立ちに土壌研究、仕舞いには月の石が登場!!

は、半端ねぇヽ(´∇`)ノ

アメリカの本気を受け取りました…、という以外に感想が思いつかないです。

5:宇宙航空博物館(無料)
たどり着いた時点で閉館30分前。とりあえず、見られるとこまで見ようってことで入館。何せ無料ですから、見逃した部分はまた明日でもいいわけです。
入館するとエントランスの吹き抜けでロケットと初期の飛行機がお出迎え。もう、何を見ていいのかわからずキョロキョロするばかり。

アメリカめ、またしても本気だして来たな( ̄□ ̄;)!!なんて思ってるうちに30分終了。
まだ初期の飛行機、旅客機、戦闘機を見ただけ。まだまだ見たりない〜!明日か明後日、また行きます!


という事で、二日目のダイジェストでした〜っ。
posted by まぐ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

アメリカ旅行記1

CA350378.JPG出発前に空港5階でうどんを食べました。

4時半ころの飛行機で、アメリカワシントンに旅立ちます〜。
posted by まぐ at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

明石焼き

CA350377.JPG@阪神百貨店
出汁に三ツ葉と紅生姜を入れます。紅生姜の風味が温かい出汁に溶けておいしかったです。
posted by まぐ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洋食焼き

CA350375.JPG@阪神百貨店
もっちりした生地の中にソース味の具が入ってます。
posted by まぐ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

石切神社の参道で

CA350374.JPG玉子せんべいなるものを食す。

薄焼きせんべいにソースを塗り、目玉焼きを載せ、天かすを盛り、マヨネーズをかけて、最後に青海苔をかけたもの。

これと云って美味しい訳ではないけれど、珍しい食べ物でした。
posted by まぐ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪四方山話

CA350373.JPG大阪で気付いたこと、面白いと思ったこと。

・大阪の地下鉄の駅の雰囲気は韓国のそれに似ている。ホームに自動ドアと防毒マスクがあれば、まんまなかんじ。
・紙パックやカップの自販機が駅構内にある。
・コンビニが少ない。
・地下鉄の車内に標語が貼ってある。「あなたの携帯電話 車内では迷惑電話」、「スケジュール 気になるあなたは地下鉄で! 渋滞なしで スーイスイ」など。車内マナーから地下鉄利用促進まで色々。誰が考えたんだろう?
・地下鉄の先頭車両の運転手席と区切る壁に国旗が二枚掲揚してある。昔は祝日に玄関先に国旗を掲揚したよね〜、と思い出した。今じゃサザエさんくらいでしかやってないんじゃないかと思ってたよ。
・地下鉄の車内アナウンスの音量が小さくて、どの駅に着いたかわからない。

とりあえずそんな感じです。
posted by まぐ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | *photographs* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサト終了

ああ、疲労困憊。でも楽しかった(笑)。

テレビ中継用にワーキャーの練習したり、新年の瞬間にジャンプして「その時、地球におらんかってん(よこっちょ)」になるための練習したり。カウントダウンじゃないとできない楽しみでした。大阪来たかいあったなぁ。

中継の合間ははテレビで放送してる映像がスクリーンに流れてるから、それを見ながら歌ったり踊ったり(すばる君がでたらめに踊ってて可笑しかった)。ひなちゃんが「あと5秒でくるよ〜」「TOKIOさんの次やで〜」と号令をかけるので、ワーキャーのスタンバイしたり。中継の臨場感溢れるコンサトでした。

明日のオーラスも参加しますが、見事なまでの天井桟敷ですんでまったり鑑賞かな?いやいや、意外と張り切っちゃったりして?

とにかく、今は眠いです(笑)。
posted by まぐ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | *diary* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。