☆本ブログの内容には多分にオタク的な要素が含まれますのでご理解のある方のみご覧下さい。☆
×諸注意×
このブログには映画・アニメ・漫画などの感想も掲載されています。そのため、いわゆるネタバレ(原作・本編の内容と関連のある内容の掲載)がある場合もあります。最新刊(号)や、最新の放送をご存じない方はご注意下さい。また、碧海の書いた文章や絵、撮影した写真等を無許可で転載、二次配布、複製することはお断りしています。

2012年08月14日

新しいカテゴリ

いままで、エイト関係の投稿は期間限定掲載にして時期が来たら下げていたのですが…ちょっと載せてみようかなって。最近は文章にまとめるような事をしていなかったのですが、記録を残しておくのも大事かなって。というわけで、「*Eighter Life*」というカテゴリを増やしてみました。
posted by まぐ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

今回の力作…その2

35ABF00B-9FE7-4CA9-93BB-5F976EC028AE.jpeg1F760AEB-C9A5-4020-AE65-25A7CBE9BB73.jpegこっちが、しょーちゃんセンター祈願ウチワ。結果は3位でしたけど…。
こっちも裏面は汎用性の高いデザイン。
最近は個人名とグループ名セットで1枚のウチワにするのが便利でいいような気がしてます。
さて、さて、秋からのツアーはどんなのを作りましょうか!作り直したいなぁっていうのもあるは、ある。
今度東京に行ったら、画用紙を見てこよっと!
posted by まぐ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回の力作…その1

59ED50B3-EA8A-42E6-ACEC-950669B6DF43.jpegF2EE2A70-0908-41E4-BBB2-89BD2E45A970.jpeg応援ウチワ、今回は母用としょーちゃんセンター祈願と二つ作りました。
まずは、母用のウチワ。最初はいらないとか云っていたのに、できたものを渡したら、もっと派手にできないの?と云われたorz
裏面は汎用性の高いデザインにしました。8周年のところだけ換えればオッケー。
posted by まぐ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

描いてみた2

CA350509.JPGどきどきどっきゅん!
初めて描いた(笑)。
posted by まぐ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

描いてみた。

CA350507.JPGギターを見つめるやしゅーっ!
惚れ直した〜っ!
posted by まぐ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えむすてー♪

 えむすて、えむすて、えいとくんたちの感想を書かねば!

 ケータイサイトの日記でちらっとリハの話題が出ていましたが、やはり生演奏でした。厳密に言うとたぶん、シンセ系の音の一部は録音で、または基本になるリズムを、たちょがイヤーモニターでタイミングを確認しながらの全体のリズムを刻んでたのかな?素人の見た感じなので、何とも言えませんが、アテフリでは全然なかった。確かに、事前にそんな気配はしたけど、本当に生演奏されると、テンションあがるね。
 もちろん、アテフリでクォリティを追求するのもアリだけど、荒くても生で聞かせる方が彼ららしいと思うし、こういうバンドサウンドは生でこそ勢いつくし。

 出だしのたちょの緊張した顔や、ひいなくんの震えてる手とか、見てるこっちの息が詰まったけれど、やしゅが特別落ち着いてて、ほっとしたよ。すばうくんとどっきゅんのツインボーカルは肝ではボーカルに絞ったけれど、基本的に弾きながら唄うという本気加減!!ひぃ〜(唄いながらギターを弾くのが異様なまでに苦手です、自分)。
 一人ずつ画面に抜かれた時の必死に演奏する姿に胸が苦しくなったのは、きっと私だけじゃなくって、全国のえいたーさん達みんな一緒だったって思う。ライブで応援してきたえいとの姿だからね、それが。
 ああ、彼らがたくさんのライブでやってきたことが、少しずつだけど実り始めてるんだな、と思うと、うるっときてしまう(笑)。

 曲は、ラジオのネット配信で聞いた時よりもずっと好印象で(というのも、おそらくラジオのネット配信ではビットレートを下げてるから、高音も低音も吹っ飛ばされていたんだ、今から思えば(笑))、ツインボーカルは相互に補完しあっている感じでバンドとしては完璧にかみ合っていたと思う。
 こういう迫力のあるバンドサウンドは元来男子に受ける路線だから、これからは女子オンリーを狙った路線から、男子ファンも念頭に置いた方向へ舵をを切る予感もする。それも面白いなって、ライブで女子も男子も「えいとー!」ってやるんだよ(笑)。

 まだまだ云いたいことはあるけれど、やっぱり、今日は、何より、演奏の迫力だったなぁ。アンプをガシガシ並べて、マイクを立てまくって、真剣に必死に曲に向き合ってる姿って、いいよね。そういうえいとが好きなんだ、って改めて思った。

 しゅっとして麗しいだけじゃ、惹かれない。
 奇しくも、歌詞にあるように「負けそうでも 歩みをとめない」彼らだから、「泣いたって、泣いたって」次に進んでゆく彼らだから、大好きなんだ。泥臭いなんて、むしろほめ言葉でしょ!って。

 この曲もライブで回数重ねることで成長してゆく予感。10回やったら、全然違う感じになってたりしてね。えいとの鉄板曲はどれもライブで煽り、煽られして育っていってるんだから、この子も早くライブにかけて可愛がってあげなくちゃ!はやく、はやく、はやく、ライブやろうよ!もう、今はそれしかないっ!
posted by まぐ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

横山youがヤっちゃいます 3 2010春

てなわけで、14:30の回に参加してきました。そら、もう、楽しかったです!
感想はまたちゃんと書きますが、この回は関ジャニ∞大集合で、もーーーっ!大興奮。MCで、シュッシュッポッポ云いながら連なってゾロゾロ出てきましたよ(笑)。これがまた、ザ・普段着って感じで、かわゆす〜。
サプライズの登場だったので思わず頭の回線ブチ切れたかのよーな勢いで、きゃーvって叫びました。これぞ天にも昇る嬉しさっ!関ジャニ∞はごっちゃりわきゃわきゃが一番なのよーっ。しかもアンコでは♪ひとつのうた♪をみんなで唄うために再登場してくれてっ、想定外にすばるくんの歌声〜っ!しかもちゃんと声が出てて、たぶん、すばるくんは唄う準備して出てきてくれたんだと思う。はう〜っ、嬉しいよ〜。よこちょもエイターも、とっても大事にされてると思った。
しかも最後に、関ジャニ∞のライブはもちょっと待ってねって、みんながライブを待ってるのはわかってるよってー。もにょってるけど予定はなくはないヨ、なニュアンス。
そうだよ〜っ、早くごっちゃりわきゃわきゃのライブやって!関ジャニ∞はやっぱりライブの時が最高で最強! CD出して、ライブやろう。CD出なくても、ライブやろう。早く、ライブやろう!

よこちょのキラキラも、多少(?)下ネタオーライも、大好きだけど、関ジャニ∞のよこちょだから大好きなんだもん!やっぱり、ごっちゃりわきゃわきゃを見たいよーっ!

あ〜、しばらくは余韻が抜けないなぁ〜。
posted by まぐ at 20:54| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

えいとで幕末史(左幕派ver.)

今度は左幕派です!
実は、わたくし、志士さんたちよりコッチのが得意分野です(笑)。で、悩み過ぎました。
じゃ、早速。

横っちょ…会津の藩主、容保さま!じゃなかったら土方さん!!
容保さまはザ・色白ってことで(笑)。リアル美形ですから、容保さまはね。土方さんはっ、やっぱり横の策士なところから。で、横が土方さんなら…

ひなちゃん…近藤さん!
よこが土方さんならひなちゃんは近藤さんデショ〜。でなかったら監察方の山崎さんとかかな。

すばちゃん…藤堂くん?慶喜公?あっ!!勝先生!
勝先生がいい!晩年は氷川のほら吹き(笑)。飄々としていながらやるときゃやる、勝先生で。

まるる…沖田さんv
まるるにやってみて欲しいんですよー。まるるのふわっふわした気配って沖田さんだと思う♪もし、沖田さんでなければ山南さんかな〜。

やしゅ…これが難題でした。答えは家茂公。和宮にヘラヘラ笑ってる(失礼)のが見たいから(笑)。

りょんきち…ああ、これも難題。斎藤一かなぁ。実は明治まで生き残るとゆー、多少切ない人なので。でなきゃ、白虎隊の中でも酒井峰治かな。この方は昭和までご存命でした。または、慶喜公。すっごく性格悪い感じで演じて欲しい(笑)。

たちょ…今、幕末ものをやるならたちょは年齢的には沖田さん役でドンピシャ(笑)。でも、沖田さん役はまるるに振りたいので〜、悩むな〜、悩むな〜。まるるが沖田さんだったらセットで山南さんもウマー。たちょは文明開化の匂いのする子だから基本的に左幕には向かないんだなぁ。あえて振るなら土方付きの小姓の市村くんかな。函館まで行った律儀な子、ちゃん写真を日野まで届けた律儀な子(断定はされてませんが…)、そんな市村くんはたちょで!よこが土方でセットってのもウマーですしね〜。←結局、そこか!


ハァ、長かった(笑)。
えいとで幕末史、私は脳内で堪能しましたが大概の人はポカーンでしょうね。わひゃひゃ!
是非ともこのキャストでドラマを制作して頂きたいものですv
posted by まぐ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

えいとで幕末史(維新志士ver.)

えいとで幕末史をキャスティングしてみようとゆー、試みです。なんか偉そうですが、元ネタは吉永さんの「晋作をすばちゃん」というアイディア。たぶん、史上初のえいたー歴女のコラボ企画(一方的に)です(笑)。
じゃ、早速。

横っちょ…桂さん!
同盟の裏書きを竜馬さんに頼む慎重さが横じゃないかと。
ひなちゃん…中岡さん!
竜馬さんのツッコミ役(笑)。大政奉還の元ネタは中岡さんって説もあるくらい賢い人だったようですのでひなちゃんで。

すばちゃん…高杉くん
喀血シーンが見所になりそな配役〜。想像するだけでウハウハ。切れ者なんだけど、愛嬌のある雰囲気がすばちゃん向きですな。

まるる…松陰先生
あの頭いいのか悪いのかわけわからん人はまるるにお願いしたい(笑)。しかも、よこすばに教えをたれる!!み、見所だ。

やしゅ…岡田以蔵か武市先生
やっさん、コワイ役なんてどうでしょう?以蔵は最後、打ち首。あれ、獄死だっけ?武市先生はハラキリだったかな。土佐の先鋭集団の人々を演じて欲しいです。

りょんきち…岩倉具視!
冤罪に近いかたちで蟄居になるあたり、りょんきちに似合うと(笑)。りょんきちは天下無双の挫折顔ですから。

たちょ…伊藤くん?
常によこすばの周りをうろちょろ!!かわゆす〜。でも最後は紀尾井坂でテロの犠牲に。国費を自腹借金で補填したなかなか偉い人です。本当はもっとキラキラ系の人に配役したいのですが、志士でキラキラ系の人が思いつかなーい。

次は左幕方です!
posted by まぐ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

今さらだけど、土スタパの話

たちょとやしゅが出演した、土スタパ。録画しといたのを、昨日、やっとこ見たのですが〜。もー、ちょー、二人して何いちゃいちゃいてんのよー(笑)。カワユスじゃー。

いやいや、いいですね、仲良きことは美しきかな。全国一億二千万に届いちゃったなぁ、この仲良しっぷりが。MCの小野アナ、青井アナ、ビビるさんにもちゃんと「仲良しネタ」でいじってもらって、良かった、良かった。

この放送で二人がどれだけ仲良しだったかって、髪型の話では生放送にもかかわらず二人でツンツンしあったり、撮影風景のVでも仲良ししてるのが出てたし(文恵ちゃんに「(二人の距離が)近すぎ!」ってつっこまれてたorz)、トークでもご飯の話(まぁ、WEBでもちょいちょい出てますが)で仲良しだったし、共演者の方にも「仲がいい」って云われてるし。V明けも二人でニコニコ仲良し(笑)。
あまりに仲がいいので見てるこっちが恥ずかしいくらい。思わずテレビの前で「だからインフルうつしっこしちゃうんだよっ」て毒づいちゃいました。

アンケートやファックスは、これぞえいたーって感じのが紹介されていたし、ご婦人層からのファックスやメールも取り上げられていて、たちょとやしゅの良さだけでなく応援してる人の良さ、面白さみたいのも出てたと思います。

それにしても、公共放送さんは番組宣伝で内容の濃いトーク番組をつくってくれていいですね〜。民放だとバラエティや帯番組にちょこっと出るくらいで、トークっていうトークがないからつまんないですもん。トークが主で成り立ってるのって、トットちゃんの部屋と、はな○の中のゲストコーナーくらいでしょう?やっぱり公共放送、ハイクォリティ。受信料を払った甲斐がありましたv
posted by まぐ at 00:06| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

あれっ、レコによこ?!

 と、思いきや、今週は録音だそうで(笑)。早く良くなってね、よこっちょ。(それにしても、よこたちょやすが揃って罹患って、どんだけ仲良し〜。そういえば会社の同僚にも「(インフルに3人そろって罹患って)仲良しなの?」と聞かれたので思わず「気持ち悪いくらいに」と答えてしまいまいした。個人的には概ね間違いないと思うのですがいかがでしょうか(笑)。今日のまるる日記のしんちゃんすばちゃんとごはんとかさ〜。しかもしんちゃんとすばちゃん同じもん食べてるてさ〜。しかもまるる挟んで三人並んでるってさ〜。どんだけだよ〜。きっとインフル3人組もそんなんしてうつったんだろ〜。まったく〜。)

 さて、今日は番組後半(よこっちょ曰く「ケツの方」)で、新曲が初オンエア。相変わらず、文化放送さんは強いですね〜。来週はカップリング曲かな。

 で、やっぱり「ケツの方」でオンエア。前はもう一寸早くなかったかな?ま、とにかく、ラジヲを持ってベランダへダッシュです。


♪きゅぅ、じょぉ、ショ!! まいあがるぜぇ〜♪

 ジャカジャカしてて派手派手〜。そして、相変わらず「あぁ〜、ハズカシィ〜」なテイスト(笑)。コンサトでやったらガチはまり、でも、歌番組でやったら「うわわ〜///」、これこそ、えいとくんです。この恥ずかしい感じが、今となっては快感さ。その昔は「恥ずかしい曲ばっかり歌わされて、かわいそうなグループ」と思っていたのにね〜。

 それにしても、今回はかなりすばちゃんのパートが多い印象。無責任の時(なんか、ウエキヒトシさんが思い出されるのは気のせい?)よりも、がっつりすばちゃんな感じ。りょんきち少なくないかな。まるるは、存在感あるし、しょーちゃんもカワユス、たっちょはおーらか、お歌は苦手なお二人もちゃんと居場所があるしvvすばちゃん中心にごっちゃり、ごっちゃりvv


 実は3万円ラジヲを買ってから初めての新曲オンエアだったのですが、今日ほど3万ラジヲを有り難いと思ったことはなかった!!正直、室内だとパナの小型ラジヲと差が出ないんだけど、ベランダに出ると3万ラジヲは効果絶大。同期検波のおかげて音に波がなくって、クリア!!すごいぞ、ソニー。えらいぞ、ソニー。

 今週はツマンナイことで、やる気ナッシングでしたが、おかげさまで週末に向けてわたくしのテンションも♪きゅぅ、じょぉ、ショ!!♪です。これなら金曜日もがんばれそうです、ありがと〜。


オマケ
 番組の〆で、うっかり北海道でのイベントに参加することを云ってしまったよこっちょ。すかさず、ひいなくんにも責任がある!と主張してましたが、今回は、九割九分九厘よこっちょが悪いと思うな(笑)。
posted by まぐ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

関ジャニ∞ PUZZLE TOUR2∞9 IN TOKYO DOME ※ネタバレあります※

 ってことで、エイトのDVDが発売です。午後、密林から鳥がお届けしてくれました〜♪わっはは〜いvvv

 んんも〜、想像以上の出来映えvvv

 なんていうの!金と手間がたんとかかってるっちゅーのかね(笑)。
 OPから舞台裏の映像を織り交ぜていて、カメラワークも飽きさせない☆……でも、おかわりアンコが入ってないよ!!!つまり、ロマネがないんだよ!!!!えぇぇぇぇぇぇ!!!!!!でしょ?!もう、ガッカリ!orz

 だって、あのとき、よこちょが「シィーーーーッ!!」って観衆を静かにさせてから、すばちゃんがアカペラで♪今日も誰かが♪って歌い始めて、会場中が「ウワァァァァァァ!!!」ってなった、あの、あの、瞬間が入ってないって!!!ショック……。

 ううん。でも、ライブDVDでありながら、映像集のような構成を織り込んでるこの出来映えは、エイトのDVD史上最高の完成度だと思うから、我慢するよ……。

 今回はA盤とB盤の2種類発売で、基本的には3枚目の内容が違うんだけども、私はA盤押しかな。メンバーそれぞれのコメントやガチでイチャこいている映像満載で、仲良しエイトが好物のワタシとしては、満足度高いですね。
 Bはヒナちゃんのガチンコドッキリなんだけど、余りにもきれいにハマり過ぎてて可哀想なくらい(涙)。ちなみに、私もレコできれいに騙された1人ですから(笑)、とってもヒナちゃんに同情。ドッキリのネタバレをしても笑って(しかも状況の飲み込みが異様に早かった)受け入れたヒナちゃんの大人っぷりに感動しました。全編に渡ってヒナちゃんが真面目ないい子(ったって、同い年だ)なんだなぁってことが良くわかるドッキリだとおもいます。ワタシ、キュンとしたよ!ヒナちゃんにキュンとした!!こんなの初めて(嘘、ピアノ弾いてるヒナちゃんには毎度キュンとしてるから(笑))。

 で、買った後の問題は……。

 そうです。イベント申し込みです。
 みなさんどうされますか?私も悩みに悩みましたが締め切りが29日じゃないですか〜!もう、即決しないとでしょ?ウダウダしてると、申し込みしそこねそう…。

 会場は、東京、名古屋、大阪、福岡、札幌の5会場。そのうち、東京と名古屋、大阪と福岡が同日開催。つまり、確実にメンバーがバラけての開催。唯一の単独開催は札幌で、参加メンバーは未定ですが全員参加の可能性が残っています。

 行きやすさならば、東京>>名古屋>>大阪>>>福岡≒札幌。
 行きたさならば、札幌>>>>>東京≒名古屋≒大阪≒福岡

 どーすんのよ〜!本気で小一時間悩みました。申し込み作業がタイムアウト扱いになるくらい悩みました。
 札幌に申し込むことをためらった理由は、金と時間。金は、交通手段を熟慮すればある程度は圧縮できるし、時間(=月曜日の会社)は…もうイイっす。

 そもそも、あたるかどうかなんて、ねぇ。当たるも八卦当たらぬも八卦ですよ!諸々は当たってから悩むことにする!最終的には札幌で2口申し込みました。当選祈願!!神様お願いします!!!

 そして、連休が終わりました。明日から仕事です。でも、DVD見たからちょっとは頑張れそうだよ〜。がんばるよ〜!
posted by まぐ at 00:33| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

『関ジャニ∞ TOUR2009 PUZZLE』東京ドーム公演 2009.06.02 感想(前半)

 MCだけ、先に書きましたが、全体を通しで書くつもりではあります…。ええ、書ききれるかは別にして(笑)。

18:30開演ですが、いつも通り数分押し。席に着くようと館内アナウンスがあった後、OP映像…かと思いきや、コンサートマナーに着いての映像!
 ヒナちゃん以外のメンバーが何故かゴリラの着ぐるみを着て「ウホウホ」云っているという…なんか、それでいいのか的な…。でも、客席みんなが見ていたし、現にマナー良かったと思います、今回のコンサート。トロッコが外周回っても、通路を駆け下りて行く人いなかったし(笑)。これからも、マナーの良いエイターでいたいですね。

 さて、ゴリラ映像でまず笑ってから、今度は本当のOP映像。特典DVDにも入っていた映像でメンバー一人ずつアップが映って、会場ヒートアップ。やっぱり、亮ちゃんが一番人気かな。私は、幸せにも誰が出てきても一番嬉しいので、毎回キャーキャーv


posted by まぐ at 01:33| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

『関ジャニ∞ TOUR2009 PUZZLE』東京ドーム公演 2009.06.02 感想(MC2)

 ゲストが来るとは聞いていなかったというよこちょ。ひなちゃんに促されてゲストの紹介です。

よこ:「櫻井翔くんです!」

 会場、ぎゃぁ〜!!!、です。もー、半端ない、半端ない。マイクの声が聞こえないくらい。
 翔くんは3塁ホームベース寄りの花道から登場。エイトのツアーTシャツにジーンズ、手にはよこちょのウチワとECO特番のウチワ。テレビでみている、あの笑顔の翔君がやってきちゃいました。(いやー、エイトのコンサートで、ほとんど初めて私が顔を見て誰だかわかるゲストが来ました。会場と一緒に盛り上がれて良かった…。ちなみにアンコのカツンさん達3名はよく分かりませんでした…。あれ、誰だったんだろう…。)
 翔くんは花道を歩きながら、ニコニコ手を振って、センターステージまで移動。わぁぁぁ、翔くんだー。翔くんがいるー。無闇に驚きました。

翔:「こんばんは!ちょっとおじゃましてます。」
よこ:「(今日、来ることを)全然、云わんかったやろ!」
翔:「うん」
よこ:「「コンサートやるんでしょ?」て云って「やるよー」って云っても「頑張ってね〜」って。」(←翔くんはそっけなかったそうです。)

翔:「オレさぁ、アイドル誌とか雑誌で、レンジャー見てて、コイツら何をやってるんだろうなって…。」
 雑誌の写真を見る限りコンサートにレンジャーという状況が分からず、甚だ疑問だったそうです。
 で、初めてご覧いただいた感想は…。
翔:「めちゃめちゃ面白かった!スゲー、面白かった!」
 この一言に、エイトよりもむしろファンが大喜び(笑)。エイターとは常に理解者を求める傾向にあるようです…。

 コンサートに来てくれた翔くんですが、よこちょ曰く、これまでコンサートに来る素振りを見せることはなく、なのに「関ジャニ∞の曲って」とか「アルバム出たんでしょ」とか、チョイチョイ訊いてきたそうです。しかも、斉藤和義さんからの提供楽曲の話を知ってたりしてアルバムのよこちょに所望したりも(笑)。

 その後、ドラマで一緒にという下りでは、「思い出せ!」「うわぁぁぁ」という掛け合いを披露してくれました。

 ドラマ繋がりで、翔くんに昼ご飯を奢ったと自慢するよこちょ。奢る際には「今日、オレに奢らして。そのかわり、一生、櫻井翔に奢ったっていうから」と宣言したそうなorz
 そういうからには、何を奢ったのかと期待したところ…ソバ(笑)。めっちゃ高いと主張するよこに、たっちょんが気を使って(?)値段は訊かない、と云ったところ、「訊いて!」と絶叫するよこちょ(笑)。で、4名で8000円だったそうです…ビミョウ(笑)。
 しかも、翔くん曰く、よこがサイドメニューを注文しまくったことで、その値段になったそうで(笑)。奢った話よりも、シュッとしたよこちょも長くないなという事が印象に残りました…。

 そんな翔くん、6/7にエコ特番です。しっかり番組宣伝のハズが…「よこが牛のゲップを嗅ぎに行っただけだって、云ってた」というのは話せたのに肝心の「(特番は6月7日の)何時から?」という質問に。

翔:「何時だっけ?」

 なんか、チャーミングな人なのね、櫻井くんて(笑)。すかさず、よこちょが「昼からの生放送でやるんですよね」ってフォローしてました。でも、去年は朝からやらなかった?
 番組をよろしくと、翔くんより熱心に宣伝するよこちょ。更にクイズショーの主題歌も出てますともう一押し。(そんなに宣伝しなくても嵐の番組は高視聴率だし、CDも売れるんじゃないの?)

 そして、翔くんは一人で花道を帰るのは「帰りづらいよ〜」と云いながら、盛大な拍手とわる乗りしたエイターの「フゥー!」(←エイターこれ、得意よね)という煽りに送られて去って行きました。途中で、ウチワを落っことして、拾っていたのですが、なんだかお茶目な人なんですね、翔くんって。

 そんな翔くんを見送りながら丸ちゃんを筆頭にエイトは「むっちゃいいひとや〜」と感激しきり。
 うん、確かに、凄いわ、櫻井翔くんって。たとえば時間忘れたり、ウチワ落としたりしても、様になるというか何というか…そういう所すらも自然体な感じで、ああ素敵だなぁと思わせる…あれが一流なのね〜。勉強になりました(笑)。

 というけで、MC終了です。続いて、関ジュの何人かが…文ちゃんはわかった…1曲披露して後半戦突入です。
posted by まぐ at 03:14| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『関ジャニ∞ TOUR2009 PUZZLE』東京ドーム公演 2009.06.02 感想(MC1)

 エイトレンジャーに引き続き、MCコーナでした。

 ひなちゃんの「お席の方におかけくださーい」で全体着席。

ひな:「改めまして!関ジャニ∞でーす。」

 メンバー一同が「こんばんは〜」と口々に云う中、何故かたっちょんが「僕らやでぇ」。会場微笑い。続いて丸ちゃんが「関ジャニ∞て、いいますねん」で更に微笑い。

ひな:「2日目ですね〜」
(ここで何故か、ひなちゃんとよこちょの距離が近い)
ひな:「なんか近ない」
よこ:「べつに俺、このへん、いてもええんちゃう」
ひな:「いや、ええけどぉ」
よこ:「なんで、オマエと離れなあかんの」
ひな:「ちかいわ」
よこ:「ええやん」
ひな:「なんやの↑。急に!」

 結局、よこちょ、自分で云っておきながら恥ずかしくなって逃亡(上手いなぁ、この二人は)。

 話は、ドーム1日目で安田くんが発表した、お姉さんの第二子誕生へ。
よこ:「なんなん!安のお姉ちゃんのことばっかり(ワイドショーで取り上げられて)!」
やす:「!”#$%&’」
よこ:「なに?」
 章ちゃん得意の言語不明瞭にエイトも観客も(笑)。
やす:「めでたかったからやろぉ」
 お姉さんは喜んでくださったそうです。よかったですねぇ。

 そこから、よこちょがHDに録画していたという「子供の育て方番組」の話へ。

 ・正しいガラガラの鳴らし方
 よこちょからどうやるかやってみろ、と無茶振りされたのはたっちょん!「からん、からん、から〜ん」と振り振りしてみせたものの、「ゼロ点」とバッサリ(笑)。正解は、ゆっくり動かして視線で追わせて脳を鍛える。

 ・子供は負けず嫌い
 近頃は順位はつけないけれど、子供は負けず嫌いで、だからこそ成長する。そこを利用して伸ばさないとダメ。
ひな:「子供なんて、勝った負けた、すったもんだで成長していくんやからなぁ」
たっちょん:「すったもんだぁ〜?!」
やす?まる?:「すったもんだ?!」
 「すったもんだ」って!久々に聞いた、というよりも、初めて聞いたに近いような(笑)。

 ・4、5歳児が絶対音感
よこ:「スーパー園児やで!4歳、5歳でみんな絶対音感もってるんやて!」
ひな:「えぇっ!!欲しい!!!」(←リアル過ぎて、引くくらいの叫び)

 ・逆立ちで鬼ごっこ
 そのスーパー園児達は逆立ちで鬼ごっこをするのだそうで、一同「すごい、すごい」という中。

たっちょん:「逆立ちで鬼ごっこしたら、タッチでけへんやん…」

 そこかぁぁぁぁ(笑)!ちなみに、たっちょんはそんな園児は「いややぁ(弱気)」だそうで、理由は「自分が負けそうだから」(笑)。

 ・メンバーに子供ができたら
 よこちょによるメンバーに子供ができたら、どんな子供かというif話。
 まず、よこちょ。子供の名前は「横山虎之助」と「横山龍之進」と決めたそうです(笑)。客席からもメンバーからも「え〜っ」と否定的な反応。たっちょんにいたっては「ヤンキー入っとるやん」とボソリ。
 そして、よこちょは「虎之助」と「龍之進」を抱いて東京ドームでズッコケを唄うんだそうです(笑)。
よこ:「(二人を抱いて)お父さん、やるぞ!って」
ひな:「それは、客席で見したりや!」(←妙にリアリスト)
 よこちょは、口では「抱いて」と云っていましたが、リアクションでは小脇に抱えてました(笑)。右と左に一人ずつ、まるで物でも運ぶかのように…。これじゃ、当分、お父さんにはなれないのではないでしょうか(笑)。ともかく、よこちょ本人が「トラ」、「リュウちゃん」と呼びたいそうなので好きにしてもらいましょう。

よこ:「オマエ(=ひなちゃん)の子供は暴力的になりそやなー」
ひな:「そんなことないよぉ!良い子になるで。オレの子ぉが一番…」
まる:「…優しい?」
よこ:「!!。イヤイヤ、イヤイヤ!ウチの「トラちゃん」のが、おまえ!」
ひな:「おらんやん!!」

ひな:「亮とか、しっかり教育しそう。」
りょう:「オレ、めっちゃしばいてしまいそ。」
 関東人がびびる関西ワード「しばく」が飛び出ました(笑)。あやつDV男の名を欲しいままにしてゆくつもりだな〜。
よこ:「(亮ちゃんは)無意味に英語とか教えそう。」(←さりげなくフォロー)
りょう:「あ、でもそういうの、したいねん」(←ソレを云えば良かったのか的リアクション)
 結局、お兄ちゃんに助けられるりょんきちでした。

よこ:「大倉は子供を気にしそう。「ええよ、ええよ」みたいに」
りょう(?):「安田の子供はやっぱりアホやろなぁ。」
やす:「え、どぉいう意味?」
よこ:「安の子供はぁ、なんかしらんけど壁にぶつかってそう。」
ひな:「そんなCMあるやん(笑)。」
すば:「それ安やん。」
やす:「ただのアホな子やん。」
よこ:「壁にぶつかって「あはは」って」
やす:「大人になってもぶつかってそうやん。」
(?):「オマエのようになぁ。」
やす:「オレ、ぶつかったことない!」

よこ:「丸の子供は絶対まじめになると思う」
まる:「なんで?」
よこ:「お父さんみたいになりたくない。」
 よこちょの予想では丸ちゃんは子供に「お父さん、パーンとかやめて!いじめられるぅ、学校で!」と云われるとのことだったのですが…
まる:「残念ですけど、ウチの弟と妹が云うてます(苦笑)。」

よこ:「すばるのところは、ほんま紙一重…天才かアホか…。でも、結局、すばるは子供産まんと思うよ。」
すばる:「オレは産まんよ!(汗)」
 その後「すばるは結婚しない」というよこちょの予言に対して、「いや!!…(弱気になって)…どうだろ(尻すぼみ)。いつかはしたいと…」と、微妙なトークを展開する羽目に陥ったすばちゃん。場内にスリルと笑いを提供していました。

 さて、ここで、スペシャルゲスト櫻井翔くんの登場です。
posted by まぐ at 01:58| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合』横浜公演 2008.04.06 1部 その4

18:Desire
 すばるくんと章ちゃんのデュエットです。新曲でオリジナルで、ハモってくれてます。
 曲はバラードで聞きやすい、裏切りの少ない章ちゃんらしいメロディライン。
 歌詞は、すばるくんねぇ(苦笑)って感じ。歌詞の内容はさておき、言葉を丁寧に組み立てて行っている感じが好印象。具象をざっと書くような歌詞が多い昨今ですが、具象と抽象の間くらいで、言葉と向き合ってる感がいいなと思うんですよね。そのレベルが高いとか低いとか、そういうことは私にはわからないけれども、言葉を尊重しているということはわかるなぁ。

 章ちゃんの明るい声と、すばるくんの芯のある声が追いかけあうように曲が展開されて、二人で歌うからこその曲でした。

19:torn
 たっちょんと亮ちゃんでスローなダンスナンバー。ラテンっぽい感じで、二人で絡んでいて、あー、こりゃ妄想の餌食だわって(笑)。
 左右の花道(あれ、メインとバックステージからだったかも)からそれぞれ登場して、センターステージでダンス。
 ダンスは屋良くんがつけたんだぁっていう、繊細さのある振り付け。

20:ホシイモノハ
 この曲は、MCでヒナちゃんが残った3人と予告があったように、丸ちゃん、よこちょ、ヒナちゃんの3人でした。なんと、丸先生が作詞、そしてヒナっちょがピアノ〜!!
 男子がピアノ、これ最強。もう、ヒナちゃんの手元ばっかり見ててぇ、他をあまり覚えてないよーん(笑)。ちなみに、ちゃんと弾いてました。オイラ感動した。

 曲としては、メロディーにラップが入ってくる感じで、ミディアムテンポくらいだったかなぁ。全体にほわっとした感じで、なんていうの、まるとよこがかわいいんですよねぇ。ヒナちゃんがピアノ弾いているので、濃さが軽減されてて(笑)。ほんわかしたのは、まるよこコンビで歌いだったからだと思います。

21:All of Me For You
 すばるくんの「Wu〜」から入り、ラップ、そしてメインボーカル。どうしてこういう情念くさい声がだせるのか、わかんない。声に情念が乗るか乗らないかって、天賦だよなって思う。しかも、マイクに縋るように歌われると、視覚的にも来ますよね…。

 途中からラップ調に編曲されていてダンサブル。途中からふっと裏にサビのメロディが入って、戻ってくる感じの展開もトータルに格好よさを追求してて、見いっちゃいますわね。

22:誰よりキミが好きだから
 あー、そういえば!シングルのカップリングやってなかったよね!!って感じでこの曲が登場。エイトならではの歌謡曲。こういう曲は続けていってほしいなって思います。

23:好きやねん、大阪
24:関風ファイティング
25:∞SAKAおばちゃんRock
26:大阪ロマネスク
 「ヨコハマー」の雄叫びと共に、大阪4曲メドレー。中盤はミディアム〜スローなナンバーが続いて、その後だけに嬉しいですね、こういう明るい曲は。
 ラストのロマネは、イントロで大歓声。ほんと、みんな好きだよねロマネ(笑)。私も大好きだけど(笑)。

27:DIVE
28:口笛の向こう
29:強情にGO!
 ハイ!楽器を持ってロックメドレーです。ラストスパートです(涙)。

 丸ちゃんのベースソロから始まって、章ちゃんのエレキ、すばるくんのエレアコ(たぶん…)、たっちょんのドラム、音色が増えるごとにわたくしの脈拍も増大でございます。ウヒッ。楽器、好きー。
 このロックメドレーの時って、亮ちゃんはギターしてましたっけ?メモにないぞ(笑)。

 ソロから始まって、一人ずつ加わって、最後にするっとDIVEに入って行く流れって、ライブっていいなって思う瞬間の1つですね。

 最後のロックメドレーは盛り上がるけども、エイトのコンサートは必ずこのロックメドレーの後にバラッド曲やってコンサートが終わるのがわかっているから、やっぱり寂しいよう。でも、終わるのがわかっているから、盛り上がるんだよね。有限な時間を共有してるって幸せです。

 強情にGO!なんて実はちょこっとハモってたりなんかして、音に厚さが出るようにしてるんだなぁって。

 メドレーの最後に横山くんからコメント「エイトはライブとみんなが好き!」という重大発表(?)があり。あはは。嬉しいね、寂しいけど。

30:BJ
 とうとう、最後の曲です。ウエブでの予告通り?ラストナンバーがBJでした。しかも、全員で楽器演奏。うっわ!!驚いた。それぞれの演奏楽器は通常通りで、すばるくんと亮ちゃんがエレアコ、章ちゃんがエレキ、丸ちゃんベース、たっちょんドラム、ヒナちゃんキーボード、よこちょがパーカッションでした。

 すばるくんの、ふあっと優しい声ではじまるこの曲。そして、ハーモニーを組んでのサビ。ソロパートはそれぞれの実力が出ちゃうんだけど、ああ、もう、しょーがねーなぁ!って微笑ましく思えちゃう。だめだ。脳髄までやられてるね(笑)。

 ラストはゆっくりと溜めてから終音。

アンコール
1:無限大
 当然、アンコール。そして、当然『無限大』。これやらなくっちゃ、終われないよね。いつも通り、エイターにも歌わせてくれて、なんだかホッとしたりして。

♪出会えたことが、嬉しくて、なんだか涙が溢れてく♪

 ここを歌うと、今日のコンサート楽しかった、来て良かったって思えて、気分が落ち着きます。精神的な充足感が生まれるんですね。

2:ワッハッハー
 無限大が終わると、やっとオマケのアンコっていう気分。
 そして、この回はひどく屋良くん押しな替え歌(笑)。歌のあちこちで「屋良」くんを連呼(笑)。
 ボックス席で見ていた屋良くんにスポットが当てられて(スタッフさん素早い!)、ご本人は突然の事にバタバタしてられる(笑)。そんな様子にエイトもエイターも大喜びで悪ノリ。
 ♪僕が笑えば、屋良が笑うから〜♪
 ♪ヤラヤラヤラヤラ〜×2♪(エイターもしっかり「ヤラヤラ」云ってる(笑))

 サイン投げとかあったハズなのですが、それんよりも「ヤラヤラヤラヤラ〜!」が面白くて!!

 ラストは爆笑でした。もー、エイトってばーって大笑い。

 そして、拍手で感謝の時間。ヒナちゃんの号令でみんなで拍手、拍手。
「オレ達の大事なスタッフに大きな拍手を!」
「屋良っちにも拍手を!」
「男のエイターにも拍手を!」(男子に好待遇なヒナちゃん(笑))
「一番大切なエイターのみんなにも大きな拍手を!」

最後の名乗りはよこちょ。
「そぉしてぇぇ!俺たちが最高で最強のぉ!!関ジャニぃ!!!」

『エイトー!!!』

********************

な、長くかかりましたが、コンレポ終了でございます。
長のおつき合いありがとうございました。
posted by まぐ at 16:42| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合』横浜公演 2008.04.06 1部 その3

 エライ時間がかかってますが、この調子で最後まで頑張って行きたいと思います。って、もうすぐ、1ヶ月たっちゃうよ〜っ。

17:MC
 当日はダイダマンの放送翌日ということでロケの裏話を中心としたMCでした。

・「汚ったない家なぁ!(byヒナちゃん)」で、すばる君がブラを洗った話
横:「オレ、まだブラジャー洗ったことないもん!」
す:「はじめて、ですよ…ムダにデカイし(汗)。」
ヒ:「柄は派手やしなぁ!」
す:「めっちゃエッチやねん(辟易)。出てくる下着、全部エッチ(辟易×2)。」
ヒ:「放送でけへんもんも、いっぱい出てきたで。」

・あの汚さを前にして錦戸は相当怒ったのではないか、という横の質問に。
錦:「そんなことないで、…オレ、基本的にサボってん!」
ヒ:「そや、チョイチョイ抜けんねんもん!」
錦:「すばる君、一番がんばってた。」(上手に非難をかわすどっくん)
す:「やらな、終わらへんねん。」(すばる君に拍手)

 悲惨なロケを回想して、エキサイトする清掃班3名。スゴイ臭いだった、一日でスゴイ鼻毛が伸びるetc.、お疲れ様でした。

・「サメ班」の話
 撮影は金曜日で、レコメン開けのよこちょは殆ど寝ずにロケだったそうです。ついたとたん(大した説明もなく)頑張ってくれと云われて、あんなテンションになってしまったそうです(笑)。

・Vの前半「しけてるー!!」しか云っていなかった、たっちょん。
横:「大倉、めっちゃしゃべってないでしょ!」
ヒ:「『しけてる』のホンマの意味を分かってなかったんとちゃう?!」
 おしゃんべっくりなお兄さん達は容赦ありません(笑)。

忠:「しけてるーって砂川さんが云ってたん。」
横:「(たっちょんが)『砂川さん』言い過ぎや。」
忠:「砂川さん、めっちゃ頼りになるぅ。」(←どこまでも砂川さん押し)

 たっちょんが頼りにしている砂川さんにはエイトくん達それぞれがお世話になっているらしく、「砂川さんが怒られているとちょっとショック」(byよこちょ)だそうな。なんでも「おとんが怒られたみたい」(byひなちゃん)とかなんとか…。「オレらのボス」(byよこちょ)砂川さんに、私も敬礼でございます。

・日テレのエコ特番でも体を張ることになるらしい、という話
 よこちょが、「人が苦しんでいる顔を見るのがいいんでしょ?」と発言。お、おまいなぁ、ソレ云っちゃうかぁ…(苦笑)。

・急に騒がしくなるスタンド席に、よこちょが「もう云うな〜!」。
 何って、横山君、レンジャーつなぎの下に着ていたツアーTシャツが後ろ前でした(笑)。「二択を間違えただけ!」(byよこちょ)、そ、そうか〜。

・晩ご飯の話
 エイトのMCでは定番?よこちょによる「何してたん?」です。よこちょは、軽くメンバーの行動を探りたがりますね(笑)。
 ヒナマルは二人で二晩続けて同じ焼き肉店で同じメニューを食べたそうで、よこちょに「できてるん?」と疑いの視線を向けられてました(笑)。そーいや、あの二人は意外と怪しい?
 しかも、よこちょの「できてる?」を否定しないで首をかしげる丸ちゃん(爆笑)。ヒナちゃんは、まるで自分が丸ちゃんを追いかけてるみたいだ、「否定せえよ!」と半ギレ。

丸:「え、違うの?」

 しれっと云い返す丸ちゃんに大爆笑でした。

・メンバーの誘いを断るやすの話
 晩ご飯つながりで、どっくんはたっちょんとご飯に行ったのだけど(この二人も仲良しねぇ。亮ちゃんによると、たっちょんが亮ちゃんを狙ってるんだっけ?byウエブ)、安は誘ったのに来なかったと…。

ヒ:「また断ったんか?!(←既にキレかけてる)オレはエエけど、亮は行ったれよ!!(ほとんどケンカ腰)」

 「オレはエエけど」と云ったヒナちゃんにきゅんと来たっていうのは秘密です(笑)。
 その後、安の「期待させといて断る」「断ったけど、後からフォローのメールがくる」というキュートな(?)日常が大暴露。よこちょなんて声を裏返してぴーぴー云うわ、云うわ(笑)。
 その後、丸ちゃんのお誘いは断らない安の話になって(ねぇ!丸ちゃんって安とヒナから追っかけられてるわけ!!(爆笑))、今度はヒナちゃんがわーわー云うわ、云うわ(笑)。

・次はユニットコーナー
 ヒナちゃんによるユニットコーナーの説明がはじまり、三々五々捌けて行くメンバー。なのに、何故かステージに残る丸ちゃん。

ヒ:「何しに残ったん?」
丸:「今日も焼き肉行こうかぁ?」
ヒ:「(驚きつつ)ええよぉ。」

 観客、きゃーですよ(笑)。どんだけ、メンバーが仲良ししてるのが好きなのか(笑)。しかも、本人らも観客の好物を無駄に(?)心得てる(笑)。


 ハイ、本日は以上です。あと一回で後半書ききれるかなぁ!月末までに頑張って書くぞ〜。
posted by まぐ at 00:16| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合』横浜公演 2008.04.06 1部 その2

15:エイトレンジャー
 私、死ぬネタ好きじゃないんですよね。ゲームとかアニメとかでもどっちかというとそういうネタを扱われると引きます。
 だからさ「ナスの余命3ヶ月」って話も、まぁ、そんなに面白くなかったと思う。そんな話で仲間意識を強調をしなくても、君らの絆を信じてるし(笑)。なんか、「ありえへん」を見てても、ああ、この子らいいなぁって思えちゃうし(笑)。

 たださぁ、ベタに笑いを取りにくるシーンや、アドリブとしか思えないパチンコネタ、「どーしてそこで?!」と云いたくなるようなタイミングでのフライングとか、結局は笑っちゃいました。そういう意味では潜在能力高いんだから、脚本のブラックにはこれからも頑張って貰いたいなと思っております。

 謎の「チグハグチグハグピーン!!」。
 前半のナスと仲違いするシーンで、出てくる「チグハグチグハグピーン!!」って…。オレンジが突然始める「チグハグチグハグピーン!!」って何なんですかね。ピョコピョコしながら「チグハグチグハグピーン!!」と云うのですが。意味がわからん(笑)。結局、ナス以外全員が「チグハグチグハグピーン!!」って叫びながら、ピョコピョコ(笑)。
 しかも、「それぞれのチグハグチグハグピーンがある!」とか「チグピンやれ!」とか(笑)。
 終いにはチグピンに熱くなったブラックが「チグハグチグハグピーンをそんなことで片づけないで欲しい」「ふざけてやらないで欲しい」と云い始める始末。これには発案者のオレンジも驚いて「はじめからそんなつもりあった…?」と(笑)。

 この回のレンジャーは、全体的に噛みがちでそこをアドリブでガンガンフォローして行くのですが、関西言葉で繰り広げられる素早いやり取りと話の広げ方はガチで面白かったです。

・「噛んでないわッ!」(byレッド)
赤:「ブラック!オマエ、いつまで子供みた&#"%'&)*」
黒:「なに噛んでんの?!」
赤:「噛んだことないわッ!!」
黒:「噛んだやんけ!」
赤:「噛んでないわッ!!」

 この後、子供じみたケンカを繰り広げつつ、なんとか軌道修正。最終的には予定通りレットとブラックは仲違いに成功(笑)。

緑:「ちょっと、レッド、待ってって〜!」(←ブラックに「かぼちゃ!」とまで云われながらも、レッドをいさめようとする健気なグリーン)
赤:「うるさい!パチンコ行ってくる!!」

 パチンコかよ〜!!!(失笑)

 この後、ナスの独白、泣き虫イエローの歌があって、レンジャーが一致団結して行きます。
 イエローの歌はブルーとのハモリありで、おおう!って感じ。今回はダンスに歌にと気合い入ったコンサートでした。ジュニアがいないと、メンバーの登場頻度や密度が濃くなるからいいですね〜。もう、エイトのコンサトはエイトだけでもいいよ(笑)。

・ケンカ別れしたブラックとレッドの再会は……パチンコ屋でした(笑)。
黒:「オイ、レッド〜!!」
赤:「なんじゃァ、ブラック!!」(←ひぃ、関西言葉って怖いよう!!)
黒:「パチンコ屋で偶然出会うとはな!」
赤:「おかげさまでぼろ負けじゃ!」
黒:「オレは確変、ごっつ出たで!」
赤:「くそぉ〜…『あなたと、合体したいっ!』」

 ♪一億と二千年前からあいしてるぅぅぅぅ♪ですか(笑)。場内爆笑と悲鳴でした。しかも、すばる君の云い方がCMの云い方と結構似てるんですよ。ブラックもやられたって感じで笑ってました。
 赤と黒のケンカはかなりキツめに関西言葉で話してるので、普通に怖かったです(笑)。そんな怖い云い方しないでも〜って感じ。「おまはん」とか云ってましたもん。

・いつまでも不器用な二人にグリーンがお説教
緑:「春って云うのはなぁ」(おもむろに、「春」と書かれた紙を取り出す)
観客:「えぇ〜(笑)!」(←いきなり、紙が出てくるとは…)

 話の内容としては、「春」を逆さまにすると、太陽に照らされて芽が出てくる、二人はケンカばかりで空が曇ってばっかり(「だからオレ色が白いんや…by黒」「そうや…by緑」なんて意味不明なやり取りを挟みつつ)、仲直りして芽を出そうよ…と。

・どーしてそんな泣き方?
 グリーンに諭されたレッドとブラックは何故か子供のように声を裏返して泣きながらお互いに謝罪するという(笑)。
 いい年したにーちゃん二人が「わかってんねぇぇぇぇん」「オレもごめんなぁぁぁぁ」と遠吠え(笑)。

・どうしてここでフライングなのか!!
 その後、ナスの病を知ったレンジャー達が集結してくるのですが、ここでどういう訳かフライングで登場してきます。
 まずは「鯉のぼり状態」になりつつ、ブルーとイエローが登場。その後、ロープにつかまってクルクル回りながら「緊急事態やぁ!緊急事態やぁ!」と叫びながらオレンジが登場。でも、はっきり云って、クルクル回っているオレンジの方が「緊急事態」なのではないかと思うのですが。ここは、思わず笑いすぎて、咳き込みました(笑)。


 試練を乗り越えればナスを助けられるという伝説を知り、その試練に挑んで行くレンジャー達。
 しかし、大事な所でイエローが噛んだり、妙に逃げ腰なオレンジが試練を回避しようとしたり…ヨリミチ多すぎ(笑)。
 最後まで生き残ったオレンジが最終試練に挑むのですが…オレンジのラフな雰囲気だった演技が段々と入り込んだ演技になってきて、見てる方も手に力が…。ほんと、本人が望むようにいっそ狂気を潜ませた犯人役をやらせてやりたい!と思いました。

・またしても〜、フライング…。
 助かったナスが、フライングで登場(笑)。えぇ〜!!ですよ。まさかヒナちゃんが飛ぶとは〜(笑)。しかも天使かよ〜(笑)。そして、肝心な所で噛んだ〜(笑)。挙げ句、ナスがソロでバラードを歌った〜(汗)。
 イエロー(?)が「ナス、もっと回って!」と云った為に、不格好ながらもぐるん…ぐるん…と回ったナス。これには観客もメンバーも、やんや、やんやの大喝采。で、下手ならちょっとやって、やめておけばいいのに、追加でまわっているうちにワイヤーに挟まりそうに(爆笑)。

16:ヨリミチ
 レンジャーの締めくくりは「ヨリミチ」でした。ここで、たしかサインボール投げだったと思います。いやいや、あれは、怖いですね、争奪戦が。


 なんだかんだ云っても、終盤は妙にのめり込んでしまって(笑)。アドリブ満載で適当にやっている様に見えて、実は真面目にやってるエイトレンジャー。夏も楽しみです☆チケット当たれ〜!!

次回はMCです。
posted by まぐ at 00:15| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

『KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合』横浜公演 2008.04.06 1部 その1

 今回は3口応募して、なんと!!、1口しか当たらなかったという、超激戦。夏のツアーはどうなるんだい…。今から、何処へ応募するか悩みまくりでございます。

 毎度おなじみの諸注意ですが、私のメモと記憶で後日書き起こしています。間違いや勘違い、また、関西言葉のニュアンスを理解してない場合等々あると思います。
 そして、記事の性質上、当然ながらネタバレあります。まだコンサートをご覧になってない方は気を付けてください。

 掲載は…更新ペースにもよりますが、四月末ころまでの予定です。

 では、春コンレポ&感想です。


 さてさて、今回は開演前にメンバーのコメント映像が流れました。メンバー同士でインタビューしあっているのですが、なんだかみんなちょっとオカシイよ…。

 すばる君はなぜかシャワー中にインタビューでびしょ濡れで、挙げ句最後はキレキャラ。あの人、ネタに詰まると変顔かキレきゃらで逃げ切るよなぁ(笑)。個人的には、むちゃの初回頃にやって内気キャラが面白かったんだけど、最近やらないねぇ。

 日本語が苦手なチパは「さくらん」と「かくらん」を間違えて、インタビューアー(たぶんヨコちょ?)に指摘されてました。

 たっちょん、なぜロッカーの中に入ってるの?しかもコメントが相変わらずのイマイチさ加減。でも、設問も悪かったよね。だって「必殺技は何ですか?」って…ハードル高!
「必殺技がないぶん、全体的なバランスがすごい」
「かたりたい.jp」の限界を見た気がしました(笑)。

 よこちょは、「優しさ」がすごいよと。でも「風邪ひきやすい」んだそうで。(そう云えば、せんしゅうのレコでも風邪ひいたぁって云ってた。半パンで出歩いていたら風邪ひいたって…自業自得じゃ…。)

 りょんきちは、コンサートをどうしたいかというコメントで、まず「おもしろかった」が出てきてちょっとウケました。何より「おもしろかった」なんだって(笑)。

 まるちゃんは必殺技が「パーン」なんだけれども、「(パーンをされた)敵はどうなりますか?」という質問に「元気になる!」だそうで。オイオイ(笑)。インタビューアーも失笑してました。

 そんな微笑いな映像が終わって、コンサートスタート。

 メインステージと平行になっている、中央花道の左右から一人づつ登場でした。ステージ向かって右端のアリーナだったので、左から登場の人は見えないけど、右からなら意外と近くて良くみえました。

 登場のアナウンスがボクシング風なんだけれども、アオリが一々おかしかった(笑)。

左:「浪花の暴走野郎 渋谷 すばる」
右:「百獣の王 錦戸 亮」
左:「奇天烈アーティスト 安田 章大」
右:「一発ギャグ製造器 丸山 隆平」
左:「沈黙のセクシービューティー 大倉 忠義」
右:「ツッコミのファンタジスタ 村上 信五」
左:「リアルピーターパン 横山 裕」

 名前の後にもコメントが入るのですが、りょんきちには「子猫の微笑み」、丸ちゃんには「本人は滑ったことがないという」、ヒナちゃんには「ツッコミで病院送りにした」、ヨコちょ「計算なのか天然なのか本人にもわからない」etc.…変だって〜、それ、変だって〜と云いたくなるコメントばかり。オチは全員出終わっての〆に「瞬きするな、感じろ、寝言は寝てから云え…」……寝ごとっすか〜?!

 どうして、登場から細かに面白くするのか、する必要があるのか、よくわかんないけども笑ったから負けだなぁ。面白かったです。

1:「わっはっはー」
 最初からアクセル全開。中央ステージがせり上がりそこでピョコピョコ楽しそう。間奏ではよこちょからかけ声がかかって、早速ジャンプジャンプ。
 まるちゃんの「あっひゃひゃひゃーひゃ!」もリアルにありました(笑)。まるちゃんカワイイ〜っ!

2:「ズッコケ男道」
 「ワン、ツー」と声がかかると、自然に「ウー」が出る客席。相変わらずの連携プレー。反応力が試されるコンサートです。
 花道回りながら、自己紹介ver.の替え歌あり。「錦戸 亮ぉでーす」って、やっぱり格好良かった(笑)。丸ちゃんは「まるまるまるちゃん」(?)などと若干意味も滑舌も不明な感じ。ミラクルだよなぁ丸ちゃんって。

3:「イッツマイソウル」
 花道各所のせり上がるステージにのっかって「イッツマイソウル」。右側はヒナちゃんと、まるちゃん…だったと思います。
 「終日、みんなに夢中!」で、ハイ、「きゃーっ」ですよ(笑)。きちんと狙ってくれて、きちんと返しがあるという、形式美じゃないのこれ?
 すばる君のソロパートは、相変わらずライブ感たっぷりで素敵でした。いいね、コンサートって!!

4:「Do you agree?」
 関ジャニ∞のコンサートでは定番のロックナンバー。サビでのジャンプもお約束。
 この曲も好きだなぁ。も、イントロでたっちょんのドラムが来た時点で「うわぁぁぁぁ!」ですよん。

5:「Heavenly phyco」
 この曲も、イントロだけで会場が沸く∞の定番曲。亮ちゃんが一番好きな曲と云っていたけれど、ファンもこの曲好きだよなぁ。
 でもさ、この曲を聴くと、どうしても内くんの声の響きを思い出すからちょっと切ないんだよね。夏は、おかえりできるのかなぁ。
 最後のすばるくんの「Heavenly phyco」と声を張り上げる瞬間がたまらなく好きです。はぁ〜v

6:挨拶
・りょんきち:「元気ですか〜!」「おはよ〜!」のC&R
・たっちょん:「砂川さ〜ん!!」(ダイダマンのアレですね。みんなの大好物「へたれたっちょん」ですよ。サメに怯えてスタッフの砂川さんを呼び続けていたという…へたれなたっちょん。)
・まるちゃん:「Good morning!」「How are you?」なんで英語?あいかわらず、微妙に面白いまるちゃんでした(笑)。
・ヒナちゃん:「男のエイターいるー?」と男人口の確認。その後、「歌えるかー?」「おどれるかー?」とC&R。
・すばるくん:「元気?」(←テンション低い)の質問に、「げんきぃ〜!」(←テンション高いエイター)。「…そう。」なんても「完璧には起きてない」(?!)そうで(笑)。
・しょうちゃん:「集まってくれてありがとうございます」から始まって、「それじゃ…」とC&Rしようとした瞬間に「ワッ!」(byヨコちょ)。素でびっくりする安田くんが面白かったです。ほんと、ジャストミートなタイミングでした(笑)。最後は「盛り上がっていくぞ!!」(←男前っ!)
・よこちょ:「元気?」「膝って10回云ってみて〜!」で、「ここは?(ヒジを指さす)」。皆様きちんと「ヒジ〜!!」と正解。「やるじゃん!じゃ、『どっかいけ』って10回云ってみ!」。客席が10回云い終わると「いやや、ずっとそばにいるから」。はい「キャーv」です。でも、よこちょからは「『キャー』が早すぎる」と厳しいご指摘(笑)。もー、よこちょは求めるレベルが高いからなぁ!

7:「Open your eyes」(錦戸くんソロ)
 どっくんソロ。確か、バックで丸ちゃんとたっちょんが踊ってたハズ。大きい子が二人と思ったから(笑)。
 このソロにメンバーがついて踊るって一粒で二度おいしい感じで良かった〜。ジュニアさんたちが、平成くん達のコンサートに出るというのもあるのでしょうけども、そんなの関係ないね。私はこっちの方が断然うれしい!
 この曲は、色気+ちょっと怖い雰囲気のある曲でどっくんにぴったり。どっくんファンならずとも、目を奪われる色気があったと思います。やるなぁ、黄色の子。
 場所は、確か…センターか右外周?

8:「Forward」(村上くんソロ)
 いきなり「1time」から入って、サビです。安田くんとすばるくんがダンスでついてました。ミニマムズ!ミニマムズ!!
 踊ってる時のしょーちゃんは驚く位に大きく見えるんですよね。ダンスが上手い、というよりも上手に体をコントロールしてるって印象。エイトの中でも、しょうちゃんのダンスは浮き上がって見えるくらい上手だと思う。
 渋谷さぁん!踊れるじゃぁないですかぁ(失礼…)。いつもは歌う箇所が多いからダンスは小さめですが、反則なくらいの踊りっぷりで感動しました。あぁ〜、格好いい…。
 場所はバックステージからメインステージ方向へ移動しながらだったと思います。

9:「Confusion」(横山くんソロ)
 ソロコンで出したソロの新曲でした。もちろん、お楽しみアリでございます。バックは大倉くん。よこちょとたっちょんの並びが好きなので(そもそも、誰と誰が並んでても好きだけども…。いや、エイトってごっちゃりしてる時に一番威力を発揮するからさぁ。一人より二人、二人より三人、一番すてきなのは八人ごっちゃり!)ああ、二人の並びですが、なんていうの、たっちょん、大きいね(笑)。しょうちゃんのダンスにある俊敏さとか、ないけど、でもほら、大きいから普通に踊っても大きく見えるし(笑)。
 よこちょは、ソロコンでもこの曲をやっていただけに慣れてる感もあって、そのこなれた感じも良かったかな。それにしても、よこちょにこの曲はぴったりっ!
 場所は確か、センターステージでリフトありだったと思います。

10:「わたし鏡」(安田くんソロ)
 なのに、ワンフレーズ目の「照れ笑い」が、よこちょによって強引に「苦笑いぃ!」に変更されるという。ソロコンのネタですな(笑)。場内も良い感じで笑ってました。あー、でもやっさんファンとしては複雑な気分?最後は二人でニコニコしてて可愛かったです。
 場所はセンターステージから右方向への花道で、リフトでした。

11:「Magic Word 〜僕なりの〜」(丸山くんソロ)
 まさかの、どっくんが…でも若干やる気の薄い「パーン」とゆー。確実にC&Rができる曲なので場内も盛り上がりますよね。
 最後は「りょうちゃん、元気はでたかい?」「内側から沸々と湧いてきたゼ!」という、芝居がかった芝居がありました。それが、この曲の雰囲気とあっていて面白かったです。そういう意味ではどっくんで大正解かも(笑)。
 場所は亮ちゃんが左外周、丸ちゃんが右外周でした。

12:「Butterfly I loved」(大倉くんソロ)
 まさかの「大山田」ですよ〜っ。
 しかし、大山田で踊るとやっぱり一番目立つのはしょうちゃんなんだよなぁ(笑)。一番小さいのに、一番大きく見えるよ。
 あとは、丸ちゃんがなかなかシャープに踊ってる感じがして、いままでそれほど丸ちゃんのダンスって記憶になかったのだけれども(それこそDVD収録されてる大山田の「明日」くらいしか…)なんか、いいなって思いました。
 私はたっちょんのソロ曲ならば「守りたい」よりもこっち曲の方が好きだから嬉しかったです。でも、よこちょが歌う「Butterfly〜」も好きだけど。
 場所はメインステージでした。

13:「愛してる、愛してない」(渋谷くんソロ)
 だーぁぁぁぁぁっ!よこちょソロコンのレポで、すばる君にコンサートで歌って欲しいって書いたら!!!まさかぁぁぁぁぁぁ!!!!イントロ聞いた瞬間、悶えるほど嬉しかったよう。生きていて、良かった。

 すばる君がこの曲を歌う瞬間にだす気配が素敵なんだけども、歌詞で云えば「♪愛が苦しひぃ、これっきりに、したひぃ」って「i音」が鼻に抜ける加減が好き。ああ、好きだとも。
 あと「♪胸が痛ひぃ」ってところも、「i音」が抜けて好き。あぁ、この曲って「i音」で韻を踏んでるからね、特にいいんだわ。

 さらに、この曲は…この曲は年長三人組(いわゆる三馬鹿)!!わーお!!! どれだけ格好良いんだ、56年組めっ!すばる君を中心に息もぴったりで、やっぱり年長さんはいいね☆

14:新曲(仮で「Temptation」としておこうかな。)
 「愛してる、愛してない」の最後は全員で踊るのですが、そこから引き続いて新曲です。激しいダンスに、安くんのアクロバットもあり。見所満載!Danceable Eight!!
 今までのエイトの曲では余りない重低音のビートが利いた曲調にのせて、抜群のダンスを披露。もう、まるで違うグループみたい!本当にアイドルグループなんだぁと大感激。スゴイよ、スゴイよエイト。
 本当に今回のコンサートは、今までとは違うエイトの魅力全開で途中できゅん死するかとおもたヨ〜。ああ、生きて帰ってこられて良かった…。

 で、踊りまくって、その直後に「エイトレンジャー」(笑)。なんというグループだ〜。そこで、いきなり芝居コントになだれ込むか〜っ。

 というわけで、次回は「エイトレンジャー」からとなります。ここの所、仕事が忙しいので、どれだけのペースで書いて行けるか不安ですが、タラタラと、でも、確実に書いて行きます。おつき合いいただければ幸いに存じます。
posted by まぐ at 15:23| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

横山YOUがヤっちゃいます 第2弾コンサート 08'春 2008.03.16 16時公演 コンレポ その5

17:好きやねん、大阪
 「とぉきょぉ〜」というよこちょの声が響いて「好きやねん」です。すばる君が云うと「TOKYO!」なのに、よこちょが云うと「とぉきょぉ〜」なのが味噌醤油。まるちゃん担当のプルルルの所もやってました。そこ、やるんですね(笑)。

18:∞SAKAおばちゃんROCK
 17-18はメドレーだったのですが、よこちょも楽しそうで、観客も楽しそうで、私も、凄く楽しかった(笑)。

19:ズッコケ男道
 「ワンツーウー!」で館内最高潮!この曲はジャンプジャンプな上によこちょに「みんなでぇ〜(歌えのご指示−笑−)」もあったりして、息が切れました。

 ここでふと気づいたのですが、スニーカーってジャンプすることを目的には作られてないんですね。歩く時はいいけど、ジャンプするとコケそうになるよ(笑)。

20:アメちゃん
 三兄弟!!!三兄弟!!!さんきょーだいーっ!!!
「ラストスパート!」の声がかかって、盛り上がりも半端ないっス。もう、ピョコピョコしながら「アメちゃん!」って叫んで、音がね空気なんだねぇ。この音が空気になる瞬間って嬉しいんですよねぇ。あぁ、はやく春コン行きたいようぅ!

21:プリン
 三兄弟!!!三兄弟!!!さんきょーだいーっ!!!
みんな♪プリン♪大好きだもんねぇ。客席は元気、元気。「ぷーりん、ぷーりん、何で食べたの僕のぷーりん」「ぷーりん、ぷーりん、二度と会えないあの日のぷーりん」のところは当然のように煽られて観客が頑張って歌うという展開。

 歌の前半で一瞬よこちょの声が途切れた(息が切れた?)瞬間に本能のように客席の声が大きくなったのには、感動しました。なんという、コーポレーションじゃろうか。この雰囲気がねぇ、素敵。

挨拶:プリンが終わって大歓声のあと、最後の挨拶でした。
・関ジャニ∞というグループについて
 「順風満帆ではなかった」エイトの話。後輩に抜かれ、松竹座で2階席3階席が埋まらなかった頃、「変なプライドも捨てて」がむしゃらにやってたのが昨日の事のよう。だんだん僕等のファンが増えて、今は夢のよう。
 初めての関ジャニ∞の国際フォーラムは「アウェー」でガチガチになった、全員が僕等のお客さんじゃない、それがひしひし伝わってきてどうしようと思ったけれど、でも、今はこんなに沢山の方に応援して貰えて、感謝してます「ありがとう」。
 「ありがとう」なんて簡単言葉では、といいつつも「ありがとう」と云って深々とお辞儀をするよこちょ。

 この辺りから、横山さんうるうる来てそうな気配。客席も、なんかこう盛り上がった分だけ感傷的というか…。

・「全力で楽しませます!」
 この感傷的な雰囲気を吹き飛ばすように、「(僕等についてきてくれたら)絶対楽しませるっていう自信があります」「絶対、損はさせへん」と大きく出たよこちょ。でもその後「根拠のない自信なんですけど」と云ってしまうあたりがね、やっぱり、よこちょ。

 そのあと、関ジャニ∞のコンサートの良さは一体感にあるよね、という話になって「(エイトのコンサートって)なんかいいでしょ?」と笑顔のよこちょ。客席から「いいよ〜!」て声が上がって一応会話が成立してるのが面白い。

 案の定、涙がこみ上げて言葉がとぎれがちなよこちょは最後にもう一度「ありがとう」と云って最後の曲へ。


22:オニギシ
 歌が上手くない自分はいつもメンバーに支えられてと云ってメンバーの名前を挙げるも、「ひなちゃん」の名前は云わず(笑)。客席の薄い笑い声に「歌の面では支えられてない」とか「どっちかって云ったらオレのが上手くねぇ?」と云い、客席大笑い。でも、ひなちゃんとは「12年ですか…」と。言葉と言葉に少し間があって、色々な想いがあるんだろうなって。静岡の涙事件以来、妙にヨコヒナ押しな私ならずとも会場中がキュンとしたに違いない瞬間でした。(後ろの席のお嬢さんは完全に泣いてました。そんなにも感情移入できるのかと感心しきり。)

 歌が上手くない自分でも一生懸命歌うことはできます、という一言が入り「オニギシ」(ピアノアレンジ)。ここで、誰に頼まれたわけでなく客席から手拍子が出て、参加型のコンサートの神髄に触れたなって思いました。
 スクリーンには、子供のころのよこちょの写真の数々。おそらく、おじいちゃんと思われる人や弟くんたち、そして、もちろんおかあちゃんとの写真も。

 で、本人は涙で目が真っ赤で涙声。

 場内はすっかり、ほんわか感動ムード。最後のジュニア紹介でも本当に暖かな拍手で、びっくりしました。最後に幕がが降りきる瞬間まで、歓声よりも拍手が優しく続いて、何事か!って印象。

 そして、幕が下りきった瞬間から弾けたような「ヨココール」!

アンコール1:わっはっはー&イッツマイソウル
 たっぷり二曲。この曲もヨコの声が途切れると客席が一生懸命歌うのね、いい子たちだなぁって。しかも、花道移動があるから隣の席の子とかも必死でさ、とってもかわいく思えました。

 ジュニア紹介では、名前を飛ばしてみたり繰り返してみたり、大爆笑。レンジャーコーナーで笑いをかっさらっていた室くんと文ちゃんにはひときわ大きな歓声が飛んでいたのは気のせいじゃないと思うなぁ。

「オレ様がぁ、横山裕!」(ジュニアに手をひらひらされてる)

「やめろよ〜、恥ずかしいだろ〜」(と云いつつもまんざらでもないとゆー)

アンコール2:Cool magic city
 一度目のアンコールよりも、もっと大きな「ヨココール」に、アンコのおかわりです。
 「どんなん、ほしーの?」「ワガママなんだからぁ、でも、そういうワガママ嫌いじゃなーい」などなど、濃い裕子ちゃん状態のヨコ。どういうキャラなんだよう、それ(笑)。

ヨコ:「それでは、ありがとうございました!」(曲やらないで〆ようとした)
客席:「えーーーっ!」
ヨコ:「云うと思った!」
(爆笑)
ヨコ:「ありがとうございました!!」
客席:「え〜っ!!」
ヨコ:「分かってんじゃーん!」
(爆笑)

 おかわりアンコは♪♪Cool magic city♪♪。感激しました。私、この曲好きだからさぁ、嬉しかったぁ。よこちょはトロッコ移動をしたのですが、この時に後ろを振り返ったら、客席のペンライトが綺麗だった!振りが綺麗にそろって、キラキラしてた。みんな踊れるんだぁって素直に感動したよ。

アンコール3:ズッコケ男道
 おかわり二杯目よりももっと元気な「ヨココール」。
 「クタクタやぁ」「もう曲ないもん」っていうよこちょに、客席が強引に曲を要求して大騒ぎ。ここでも、客席とのやりとりが面白くて「ひゅ〜」とよこちょを乗せにかかった客席が「ハイ!悪ノリ!!」と叱られたりと(笑)。ホント、なんなの、この一体感は!

 「やると云ったからには、思いっきり声出して」と云われて、「はーい!」と元気に返事する客席。そして流れた曲は♪ズッコケ男道♪。

 歌い終わって、大歓声。そして、よこちょの「全国に行きたくなりました!ありがとうございました!!」で無事公演終了。

 最後の最後に「ばいばいきーん!」と云ったよこちょに客席が「ばいばいきーん!」と返したのが、本当によこちょのソロコンらしくて今でも忘れられません。


***********

 以上、よこちょソロコンのレポでした。もっと、さらっと書くつもりが、長い長いレポになってしまいました。というのも、とっても楽しかったからなんですねぇ。もちろん、楽しみにして行ったのは行ったんですよ、でも想像していたよりもずっと楽しかったんです。

 全体的に和やかな雰囲気で、良く笑ったし盛り上がったし、とっても気持ちが良かったです。
 ジュニアの子達も後半になるにつけて、どんどん伸びやかになっていって見ていて楽しくなるくらいでした。そういうチームワークの良さという部分も会場全体の雰囲気に作用してたかなって思います。

 それにしても、かめなしくんくらいは瞬時にわかるようにしないとダメだよなぁ、自分…。
posted by まぐ at 23:12| Comment(0) | *Eighter life* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。